KAWAIの楽譜認識&作成ソフトウェア、スコアメーカーの新バージョン登場

KAWAIスコアメーカーFX5
KAWAIより、発売から15周年を迎える楽譜認識&作成ソフトウェア、スコアメーカー・シリーズの新バージョン「スコアメーカー FX5」が、2010年10月27日に発売される。

スコアメーカーは、市販の印刷楽譜をスキャナで読み取り、楽譜データを作成し、編集・印刷・演奏できる楽譜認識&作成ソフトウェアだ。現在販売されている楽譜認識&作成ソフトウェアとしては唯一の国産製品で、楽譜認識精度は世界でもトップクラスの実力を持つようだ。


今回の「スコアメーカーFX5シリーズ」では、ユーザーからの要望の多かった記譜性能や演奏性能を向上。さらに「Pro」では、楽譜中の繰り返し箇所を、入力された記号に関わらずユーザー自身が任意で設定できる機能が追加された。



ラインナップは次の3グレード。




  • スコアメーカーFX5 Pro:様々なジャンルや用途に対応できる便利かつ本格派のハイグレードモデル

  • スコアメーカーFX5 Std:使い勝手の良さにさらに磨きをかけたスタンダードモデル

  • スコアメーカーFX5 Lite:新たに生まれ変わった楽譜認識作成ソフトウェアのエントリーモデル


ProとStdには、教育関係者向けのアカデミック版もある。また、楽譜作成機能に特化した廉価モデル「スコアパレットFX5」(ダウンロード販売のみ)も用意されている。価格は次のとおり。
































標準価格 アカデミック版標準価格
スコアメーカーFX5 Pro 63,000円 50,400円
スコアメーカーFX5 Std 39,900円 29,400円
スコアメーカーFX5 Lite 21,000円
スコアパレットFX5 9,450円

発売は2010年10月27日(水)。



KAWAI
スコアメーカーFX5
本文参照
●対応OS:Windows 7/Vista/XP日本語版●CPU:Windows 7/Vistaの場合、Intel Core Duo クラス以上のプロセッサ/Windows XPの場合、Intel Pentium4クラス以上のプロセッサ●メモリ:Windows 7/Vistaの場合、1GB以上/Windows XPの場合、512MB以上●グラフィックス:64MB以上のVRAM●ハードディスク:インストール時に500MB程度の空き容量が必要●画面表示:XGA(1024×768ピクセル)以上、フルカラー●スキャナ:TWAIN対応イメージスキャナ(300dpi以上の解像度) ※スコアパレットFX5は楽譜認識機能はない●その他:Microsoft Internet Explorer 6 以上、CD-ROMドライブ