industrial strength toasted レビュー:ヒップホップ&ダウンテンポ向けのエフェクティブな音

industrial strength toasted レビュー:ヒップホップ&ダウンテンポ向けのエフェクティブな音

 industrial strengthが、ヒップホップやダウンテンポ向けのサンプルパック『toasted』を発売。12種のドラムループ、6種のドラムレスの楽曲パーツ、6種のパーカッションループに加え、ドラムなどのワンショットも収録しています。ループは楽器のパートごとに分かれたものも入っているので、自分のトラックにちょい足ししたいときにも活用できるでしょう。

 全体的にエフェクティブに仕上げられている音色が多い印象です。特にドラムループは質感やフレーズの作り方が独特で、ほかのサンプルパックにはないグルーブを感じました。例えば“Cosmic”というサンプルは、パーカッションでスペイシーさを少し感じさせつつも、キレの良いタイトな音色を使用していて絶妙なバランスです。これらのドラムループを収録されているループ以外のものと合わせて使用してみると、少しドラムが前に突っ込んでいるように感じたのですが、タイミング調整をしてみたところピッタリとマッチしました。

 また、Musicループとして収録されている“Glazed”は、チルな楽曲にはぴったりな2つのコードで構成されており、キラキラしたシンセリフが特徴的。ピッチを下げてマイルドな質感にすると、ローファイやチルホップといったジャンルにフィットさせやすくなると思います。

 『toasted』はキャッチーなフレーズも多く収録するため、ヒップホップはもちろん、多ジャンルにおいてアイディアの種になるでしょう。また、テンポを変えて聴くと印象が全く変わるので、ぜひ試していただきたいです。

 

yuhei miura

yuhei miura
【Profile】群馬県在住のビートメイカー。大学の友人と在学中にバンド活動を開始。2016年のメジャー・デビューを経て、2018年に個人名義での制作を開始する。上村翔平(THREE1989)や沖縄のヒップホップ・クルー604のメンバーらと共作/リリースを重ね、Rin音、空音、西恵利香らへの楽曲/ビート提供を行う。現在はローファイ・ヒップホップ、チルポップに傾倒し、盟友Kazuki Isogai、Koza、Refeeldと海外レーベルからリリースを重ねる。ストリーミング・サービスにおける月間リスナー数は、世界各国合わせて最大で約50万人、合計再生回数は2000万再生を達成した。2023年夏にはKazuki IsogaiとのEPをリリース予定。

 

 

 

industrial strength
toasted

3,069円

(為替レートによる価格の変動あり)

industrial strength toasted

▪メディア:ダウンロード販売 ▪容量:約399MB ▪データ・フォーマット:WAV

関連記事