TEENAGE ENGINEERING、ポータブル・シンセOP-1 Fieldを発表〜100の新機能

 TEENAGE ENGINEERINGのポータブル・シンセサイザー、OP-1が進化。これまでに蓄積されたアイディアと改良を投入し、新作OP-1Fieldとして発表された。価格や発売時期は未定。

[8月1日追記]
8月10日発売決定。通常販売価格は286,000円 (税込)。

強化ガラス採用のディスプレイ。OP-1よりも解像度が増し、輝度の調整が可能となっている

 シグナル・チェイン全体のステレオ化を果たすとともに、Bluetooth MIDI対応、USB Type-C端子の採用、パッシブ・ラジエーター搭載の新しいスピーカー・システムなどの大きな刷新が見られる。バッテリーは最大24時間駆動可能な大容量のものとなった。

手前側の側面と底面。側面の中央にある白いラインはWi-Fiアンテナ(2.4GHz帯)。底面にはパッシブ・ラジエーターが2基搭載されている

 そのほか新リバーブのMother、新シンセ・エンジンDimensionなど、総計100の新機能や改善点が備えられているという。

 同社OP-Z、OP-1、そして先ごろ発表されたTX-6など、互換性のあるデバイスとはUSB接続でオーディオやMIDIの直接接続が可能。OP-ZやTX-6とはワイアレスMIDI接続も行える。

TX-6との接続例

製品情報

関連記事