【お知らせ】6月20日の申込/更新分より、サンレコWebのサブスクリプション価格を改定いたします。詳細はこちらをご覧ください。また、6月17日までWeb+印刷版(年間)を約30%オフでご提供しています。

Q. 各音色にコントラストを出す方法を教えてほしい! 〜WAVES SSL EV2 Channel / E-Channelで解決!

 世界中のエンジニア/クリエイターが愛用するWAVESのプラグインは、具体的にどのような場面で力を発揮するのか? ミックスやサウンド・メイクで悩みがちなポイントにプロが答える形で、WAVESプラグインを用いたソリューションを紹介!

A. 新旧のSSL系プラグインを使い分けてみては?

 使用するWAVESプラグイン:SSL EV2 Channel / SSL E-Channel 

WAVES SSL EV2 Channel

SSL EV2 Channel|33,000円

WAVES SSL E-Channel

SSL E-Channel|32,890円

 WAVESには、SSL SL4000Eコンソールのチャンネル・ストリップを再現したSSL EV2 Channel (以下EV2 Channel)やSSL E-Channel(以下E-Channel)といったプラグインがあり、前者は昨秋にリリースされたばかりです。これまでE-Channelが自分の中の定番で、癖の無い音質や操作のしやすさから愛用してきたのですが、EV2 Channelを試してみたところ立ち上げた段階から周波数レンジがより広く、クリアな音だと思いました。ツヤっぽさもEV2 Channelに分があり、 E-Channelは若干マットな質感。挿すだけでEV2 Channelのトラックが光、E-Channelのトラックは影という感じになるのでコントラストが付けやすいでしょう

 

 用途は主にイコライジングで、EV2 Channelなら中高域の大幅なブーストもスムーズな音で行えます。ただCPU負荷がやや高いので、基本的にはE-Channelを使い、ボーカルやギター・ソロ、リード・シンセなどの主役をパッと明るくしたいときなどにEV2 Channelを挿す要領。その際、EQタイプは“ブラックEQ”を選択しています。

 

 EV2 Channelにはマイクプリのモデリングがあって、そこで得られるひずみも個人的に好みです。空間系エフェクトの後段で使用すれば響きの存在感を強められますし、ステレオ・イメージャー機能のEXTRA WIDEと併用すれば特殊効果的にインパクトのあるサウンドが生み出せます。

 

染野拓
【Profile】2017年、東京藝術大学音楽環境創造科を卒業し、フリーランスのレコーディング/ミックス・エンジニアとして活動。2019年からはStyrismに所属して、これまでにCHARAやSIRUP、Shin Sakiura、WONK、モノンクル、春野などの作品を手掛ける。PAエンジニアとしても活躍中。

【特集】WAVESプラグイン実戦メソッド

関連記事