Pro Tools 9発表、ソフトウェア単体構成や搭載オプション追加で「新境地」へ

AvidPro Tools 9
アビッドテクノロジーは、新しいアーキテクチャを採用した「Pro Tools 9」を発表。ソフトウエア・オンリー構成の採用によりオーディオ・インターフェースとの連携ができるほか、Mac/PCの内蔵オーディオ機能を用いた外部ハードウェアなしの使用も可能となっており、ワークフローの自由度が高くなっている。

11月12日(金)より63,000円にて販売が開始された。
Pro Tools 9のおもな機能は以下。



  • ソフトウェア単体での使用可能

  • Avidまたはサードパーティ製オーディオ・インターフェース(Core AudioおよびASIOドライバー対応)の適用可能

  • 高速イーサネット・コントロール・プロトコルEuConをサポート(EuCon/Euphonix

  • ハードウェアI/O、内部/外部ルーティング、プラグイン・アルゴリズム・プロセッシングなどが起因のレイテンシーを自動補正

  • ソフトウェア・オンリー版は96、HDシステムでは192のモノ/ステレオ・ボイス、256の内部バス、160のAuxトラックをサポート

  • マルチトラックに対応するBeat Detectiveやファイル管理ツールDigiBase Proなどのツールを搭載

  • 映像用オーディオ制作のための機能が強化


Pro Tools 9の製品詳細を見る(Avid)


Avid
Pro Tools 9
63,000円