WAVESプラグインで学ぶプロのミックス・テクニック〜音源試聴

Sound & Recording Magazine 2015年12月号の特別企画「WAVESプラグインで学ぶプロのミックス・テクニック」では、その手腕が高く評価されているSUI、飛澤正人、檜谷瞬六の3氏がWAVESプラグインを用いてマルチトラックのミキシングを敢行。本ページではその2ミックスと各パートのエフェクト前後が試聴できます。

SUI


スクリーンショット 2015-10-20 14.25.22



2mix by underslowjam
 ラップ
C4で“ 吹かれ”をならした上でScheps 73で抜けさせる
 キック(サンプル)
eMo D5 Dynamicでアタックを出しJ37 Tapeで倍音を足す
 エレキギター
GTR DriveでひずませてMondoModをトレモロとして使う
 


飛澤正人


スクリーンショット 2015-10-20 14.25.34


 

2mix by iNtElogiQ


 キック(生演奏)
Renaissance Equalizerで不要な帯域をカットし音圧を上げる
 カッティング・ギター
Trans-Xでトランジェントを持ち上げて切れを良くする
 ボーカル
Renaissance VoxとC1のコンプ2段がけで音圧とアタックを両立
 


檜谷瞬六


スクリーンショット 2015-10-20 14.25.48


 2mix by Neo + 本間将人
 ベース(生演奏)
Bass RiderとeMo D5 Dynamicsで安定感を出す
 ボーカル(インサート)
H-EQで不要な帯域を削りPuigTec EQP-1で存在感を出す
 ボーカル(センド)
5系統のAUXセンドでボーカルの空間を作る
 関連リンク:メディア・インテグレーション