【お知らせ】6月20日の申込/更新分より、サンレコWebのサブスクリプション価格を改定いたします。詳細はこちらをご覧ください。また、6月17日までWeb+印刷版(年間)を約30%オフでご提供しています。

AI DJ #2〜人間とAIがリアルタイムでDJ&即興演奏するパフォーマンス動画公開

f:id:rittor_snrec:20211108094823j:plain

 AIの活用による創造性の発展に取り組むQosmo(コズモ)代表の徳井直生(慶應義塾大学准教授/Dentsu Craft Tokyo, Head of Technology)が、人間とAIの共演による音楽創作の可能性を探求したAI DJ Projectの進化形、AI DJ Project#2 Ubiquitous Rhythmを発表した。

 今回の発表に先駆け、10月27日〜28日にかけてルーマニアで開催されたIAA主催のイベント『Creativity4Better』にてAR技術を駆使したオンライン・パフォーマンスを世界初公開。Qosmoはその様子を収録したビデオと、本システムの制作者かつ演者である徳井本人が解説したメイキング・ビデオを公開している。

 AI DJ Projectの初期バージョンは、2016年前後からAIと人間が交互に曲をかけるバック・トゥ・バックでDJを行なうプロジェクトとして、現役のDJである徳井が開発したもの。深層学習を使った選曲アルゴリズムで曲を選択し、これまでに世界各地でパフォーマンスを行ってきた。

 

 その発展形として発表されたAI DJ Project#2では、事前に楽曲を用意することなく、その場でAIによって生成された楽曲を用いてDJを行い、格段に即興性の高いパフォーマンスにチャレンジしている。

 

 具体的には、リズム・パターン生成、ベース・ラインを生成、そして上モノのループ選択という3つのAIモデルをアナログ・シンセに接続。ターンテーブルやミキサーを通じて、人間とAIが相互に反応しながらリアルタイムに音楽を作り上げていくシステムを確立している。

f:id:rittor_snrec:20211108095245j:plain

f:id:rittor_snrec:20211108095254j:plain


 これらのAIモデルは、徳井が近年研究を重ねた結果として、ABLETON Liveのプラグインとしても一般公開されている。

 

AI DJ Project#2 Ubiquitous Rhythm — A Spontaneous Jam Session with AI

関連記事