ゆnovation 〜プロ20組の歌録り機材&テクニック! 自宅ボーカルREC術

 DAWの普及、インディペンデントな制作スタイルの隆盛、SNSでのコンテンツ公開などで、さまざまなクリエイターが取り組んでいる“自宅でのボーカル録り”。コロナ・ウィルス以降、その必要性がますます高まっていると言えます。今回は、プロ・アーティスト20組の自宅ボーカルREC術を使用機材とともに一挙公開。ホーム・レコーディング初心者からアップデートを考えている人まで、Tips集として活用していただけると幸いです。

ゆnovation

f:id:rittor_snrec:20200714130014j:plain

自分が一番モチベーションの高い状態で
リラックスして音楽に乗ることが大事

 歌と鍵盤ハーモニカはデモ録りから本録りまで自宅で行っています。なのでデモ用に録音したものを本チャンとして採用することも多いです。自分が一番モチベーションの高い状態で、なおかつリラックスして音楽に乗ることが大事だからです。なので、アレンジが固まっていないタイミングで録音したテイクを採用することもあります。トラックと連動して、最適な歌い方や吹き方を試行錯誤できるのは宅録ならではの魅力です。また、歌はテイクを録れば録るほど喉が疲れて、鍵盤ハーモニカならば湿度が高くなって音がみるみる変わっていきます。後々テイク選びをしているときに、そういった音色やテンションの違いに悩まされないためにも、幾つかテイクを録ったら休憩して、水を飲んだりストレッチをすると決めていますね。

 

 録音する際のマイクの距離は大体15cm~20cm離して録っています。マイキングに細かなこだわりはなく、ルーム・チューニングなどもしていません。なので、そのように録った素材は、後処理で仮想的にマイクとの距離を調整したりします。また、空間の質感を変えるためにさまざまなプラグイン・エフェクトで理想の音に近付けていくのです。

機材紹介

Condenser Mic
AUDIO-TECHNICA AT2035

f:id:rittor_snrec:20200714130127j:plain

 コンデンサー・マイクの定番ブランドの一つであることと、音にも癖が無い点を踏まえてちょうど良いと思い購入しました。それ以来ずっと使用しています。また、家で録音しているとなるべくコンパクトにマイクを設置したいので、マイク・スタンドはNEEWER NB-35 Adjustable Microphone Suspension Boom Scissor Arm Standを使っています。このマイク・スタンドは机に取り付けられるので場所をとらず、高さや角度も座りながら手で簡単に調整できるので重宝しています。

デジマートで探す

Dynamic Mic
SHURE SM57

f:id:rittor_snrec:20200714130340j:plain

 歌録りと同じく鍵盤ハーモニカの本録りも自宅で行っていて、その際に使用しているマイクです。鍵盤ハーモニカは特に中高域をくっきり聴かせたいので、そこをきちんと収音してくれるのが魅力です。

デジマートで探す

Audio I/O
STEINBERG UR22MKII

f:id:rittor_snrec:20200714130528j:plain

 打ち込みでの音楽制作を始めたときからずっと使っています。音に癖が無くハッキリと録れる点と、丈夫な点が良いと思い選びました。購入した当時から自分の周りで使っている人が多く、お薦めされる頻度も高かったですし、安価で扱いも楽です。万が一壊れてしまったときを想定しても、楽器店やネットですぐ手に入るので安心感があります。

デジマートで探す

 

録り音のトリートメント

f:id:rittor_snrec:20200714130737j:plain

 WAVES TrueVerb。音の遠近感や空間を形作るためのメイン・リバーブとして、毎回欠かさず使用しています。立ち上げた際のデフォルトのセッティングから、部屋の大きさを調整する“Room Size”と鳴らす位置を調整する“Distance”の2つのパラメーターで簡単に調整が行えます。そして“Early Ref”を少しだけ上げると、全方位で音が膨らんで立体感を演出することができるのです。

 

f:id:rittor_snrec:20200714130759j:plain

 ABLETON Live 10内蔵エフェクトのCabinet。リバーブ処理の後にEQやコンプをかけてから使っています。テンプレートから選んでかけるだけで、スタジオ録音をしたような音に変わるんです。

 

ゆnovation

作編曲/ミックス/マスタリングまで手掛けるシンガー/トラック・メイカー。ファンク、ソウル、北欧音楽、ヒップホップなどあらゆるジャンルの音楽と鍵盤ハーモニカを組み合わせた音楽が持ち味

【Recent Work】

朗らかに

朗らかに

  • ゆnovation
  • ポップ
  • ¥1681

 

プロ20組の歌録り機材&テクニック! 自宅ボーカルREC術

www.snrec.jp

www.snrec.jp

www.snrec.jp

www.snrec.jp

www.snrec.jp

www.snrec.jp

関連記事

www.snrec.jp

www.snrec.jp

www.snrec.jp