AUDIO-TECHNICA AT2020 マイク・レビュー:息の成分など高い音の鳴りを感じる 〜特集「わたしの、初マイク」

AUDIO-TECHNICA AT2020 マイク・レビュー:息の成分など高い音の鳴りを感じる 〜特集「わたしの、初マイク」

息の成分とか高い音が鳴っている感じ。 byさらさ

 40シリーズなど多くのAUDIO-TECHNICA製コンデンサー型の中で最も安いAT2020は、とても1万円台とは思えないほどよくできています。ほんの少しクリーンですが、ウォームでバランスの良い音質です。アタックも程よく速いため、軽やかさがあります。ジャンルはポップスやR&B、ヒップホップやレゲエ、アコースティックなものからジャズなどにも合うと思います。

 1.5kHz、3kHz、5〜20kHzがふっくらとブーストされていて12kHz辺りが少し抑えられています。ボーカルに特化した成分がほどよくブーストされていて、抜けが良く、キンキンとした感じが無いのが特徴です。男性ボーカルにも共通する部分が強調されているので、声の低めの方から高めの方でもマッチしてくれると思います。アナログっぽい空気感があるのがとても良い感じなので、オフマイクで歌ってみるのも良いですし、コーラス録りにも向いていると思います。子音は若干強調される印象ですが、嫌な質感ではないので、後処理で容易に解消できそうです。ボーカル以外にも、アコギやパーカッション、ドラムのハイハットやキックのオフマイクなどに使ってみても相性が良いと思います。

f:id:rittor_snrec:20211108202804j:plain

f:id:rittor_snrec:20211108202833j:plain

f:id:rittor_snrec:20211108202840j:plain

f:id:rittor_snrec:20211108202848j:plain

 

 

【yasu2000】big turtle STUDIOSのレコーディング/ミックス・エンジニア。origami PRODUCTIONS所属のアーティストのほか、あいみょんなどを手掛けている

【さらさ】湘南出身のシンガー・ソングライター。音楽活動以外にも、美術作家、古着ブランドの バイヤー、フォトグラファー、フラダンサーとマルチに活動の場を広げる

 

AUDIO-TECHNICA AT2020

11,968円

 SPECIFICATIONS 
■指向性:単一指向 ■周波数特性:20Hz〜20kHz ■感度:−37dB ■出力インピーダンス:100Ω平衡 ■外形寸法:52(φ)×160(H)mm ■重量:345g(マイク本体)

製品情報

関連記事

www.snrec.jp