Neveミキサーを再現した革新的なコンソール・シミュレーター!

    <p> 1961年、ルパート・ニーヴによって設立されたレコーディング・スタジオおよびレコーディング・コンソール、それが“ニーヴ”だ。ビートルズ、レッド・ツェッペリン、U2、ピンク・フロイド、ニルヴァーナ、ニール・ヤング、トム・ペティ、クインシー・ジョーンズ、スティーリー・ダンなど、ニーヴを使ってレコーディングしたアーティストは枚挙に暇がない。今回発売されたカラー・ボックスは、ビンテージ・コンソールのニーヴに直接プラグ・イン(ダイレクト・イン)したときのサウンドを、アンプで作るために開発された逸品。ビンテージのニーヴ・コンソールと同じ回路を用いた100%アナログ回路で、ギターやベースはもちろん、キーボード、アコースティック・ギター、ボーカル・マイクなど、ハイクオリティなスタジオ・プリアンプに接続できるすべての楽器に対応。どんな楽器でも、時代を築いたトーンの風合いを持たせることができる。</p>

 コントロールは、3つのセクションに分かれている。赤はゲイン・セクションで、歪みやボリューム調整のほか、5段階のロータリー・スイッチとなる「ステップ」では、プリアンプ・ステージのゲインを18dB/23dB/28dB/33dB/39dBで設定可能。青はトーン・コントロール・セクションで、強力なブースト/カットが行えるようBaxandall型のトーン・コントロールを大きく発展させた回路。中心周波数は「トレブル」が10kHz、「ミドル」が1kHz、「ベース」が120Hzで、それぞれ±17dBの範囲でコントロールできる。黄はハイパス・フィルター・セクションで、60〜800Hzの範囲をオクターブごとに6dB減衰(-6dB)させ、高音域をそのまま通過させることでローをカット。ノブの下にあるトグル・スイッチは、ハイパス・フィルターのオン/オフとなっている。

 マイクやD.I.等のバランス出力に対応するXLRジャックも装備。出力端子はフォン・ジャックとXLRジャックを独立させたパラレル・アウトで、ギター・アンプとミキサーに同時に音声信号を出力することができる。同時に2つのトラックへとレコーディングする際にも有効だ。また、入力端子の隣にあるインプット・セレクター・スイッチ(Inst/XLR)によって、ラインとマイクロフォン・インプットの切り替えが可能。下のポジションではマイク・モード、上のポジションではライン・モードとなる。さらに、インプット・レベルを-20dBに落とすことのできるスイッチも搭載している。スタジオ・コンソールをコンパクトに収めたペダルは世界初。プロ・オーディオのサウンド・クオリティを、ぜひ堪能してほしい。

製品情報 デジマートでこの商品を探す

JHS Pedals / Colour Box
価格:オープン デジマートでこの商品を探す
【問い合わせ】
LEP INTERNATIONAL http://lepintl.jimdo.com