アイバニーズより今秋発売予定 ジョン・スコフィールド新シグネチャー・モデル

 今秋、アイバニーズからジョン・スコフィールドの新シグネチャー・モデルがリリースされることになった。ジョンスコと言えばアイバニーズの愛用者として知られ、昔は名器AS200を、その後はシグネチャー・モデルのJSM100を使用していたが、ここに紹介する「JSM10」は上記のふたつのモデルを融合させることがコンセプトになっている模様。

 フレイム・メイプルで構成されるボディはASシェイプのセミホロウ構造にしつつ(よってジャックはサイドではなくフロントに設置される)、スウィッチにはシリーズ⇔コイル・タップ⇔パラレルの3パターンの接続を可能にするTri-Soundスウィッチを搭載。JSMからはジョン・スコフィールドの実際の使用器から精細な採寸を経て整形されたマホガニー・ネックを、また特徴的なスモールヘッドといった仕様が踏襲される。他、アルニコ・マグネットを使用したふたつのSuper 58 customピックアップの搭載といった両機種のスペックも受け継ぎつつ、価格は2モデルの定価を下回る125,000円に設定されているのも嬉しいポイントだ。

製品情報 デジマートでこの商品を探す

Ibanez / JSM10
価格:¥125,000 デジマートでこの商品を探す
【スペック】
●ボディ:フレイム・メイプル ●ネック:マホガニー ●指板:エボニー ●ブリッジ:ART-1ブリッジ ●ピックアップ:Super 58 Custom
【問い合わせ】
星野楽器 TEL:052-931-0381 http://www.hoshinogakki.co.jp/index.html