伝説のサウンドを再現しつつ操作性が高いファズペダルがブラックキャットより登場

1974年にマクソンから発売されたD&S OD-801は、通称ラムズヘッドと呼ばれる第2期のビッグマフを元にしたファズペダルで、グリーンの筐体にキャラメルスイッチというデザインも特徴的だった(ちなみにD&Sはディストーション&サステイナーの略)。これが、のちにチューブスクリーマーTS808として現在でも世界的に影響を与え続けている名機に発展していく。

配線や組み込みをアメリカにて手作業で行っていることでも知られるブラックキャットが、この伝説的ペダルに敬意を表し、グリーンの筐体にOD-801と命名したファズペダルを新たに発売。通常、ビッグマフタイプのペダルはトーンを絞ると音がこもりがちだが、OD-801では、オリジナルモデルと同様にデザインされた、グランドに対し多少ダンプするトーン回路により、トーンを絞っても音がはっきりとしていて、適度に暖かく、適度に鋭さの残るサウンドを出力する。

できる限り忠実に、オリジナルモデルの音色をよみがえらせるよう設計。内部のコンポーネンツも、オリジナルモデルとできる限り同じように制作されている。メタルフィルム抵抗、メタルフィルムキャパシタ、ニチコンエ電解キャパシタ、そしてオリジナルと同じToshiba製2SC1815-BLトランジスタなど、当時のコンポーネンツを採用。オリジナルモデル同様、ビッグマフスタイルのサウンドだけでなく、ミディアムゲインのオーバードライブから多彩なディストーション、そしてフルボディのファズサウンドまで、伝説の音色が堪能できる。