ヴィンテージストラト等に使用されていたキャパシターのリプロ(再生産品)が待望の登場

Retrovibe Cap“F54”は、1954~58年頃のストラト等に取り付けられていたキャパシターのリプロ。同様に、Retrovibe Cap“F57”は1956~58年頃、Retrovibe Cap“F60”は1958~61年頃のストラト等に取り付けられていたキャパシターのリプロ。いずれも、内部には現行品のフィルムコンデンサーを仕込み、ワックス含浸されている。特性は0.1uF、150VDC。