グレッチよりセンター・ブロックを用いたシングル・カッタウェイ・モデルが新登場

最大の特徴は、演奏性の高い1.75インチ(44.45mm)厚のボディにスプルースのセンター・ブロックを組み合わせることで、不要なフィードバックを起こしにくい設計となっている点。キャッツアイ・サウンドホールの採用も特徴的だ。また、ローズウッド・フィンガーボードにはクラシック・サムネイル・ポジションマーカー・インレイが入り、ネックはメイプル材のセットネック・ジョイントとなっている。ピックアップは、フロントにはデュアル・コイルのスーパー・ハイロートロンを、リアにはブラックトップ・フィルタートロンを搭載。コントロールは、マスター・ボリューム/2ボリューム/2トーンに3ポジションのトグル・スイッチ。そして、ビグスビーB70ヴィブラート・テイルピースを搭載している。カラーは、Black(写真左下)、Rosa Red(写真上)、Georgia Green(写真右下)の3色がラインナップ。

g5620t-cb_ele_cb_sub

http://youtu.be/Pw4ZYanEKk4