FISHMANのアコースティック楽器用アンプの最上位機種「ラウドボックス・パフォーマー」が進化

本機は、180ワットの透き通ったバイアンプ・アコースティック・サウンドが特徴。楽器/マイクに対応する独立2チャンネルプリアンプには、3バンド・イコライザー、ハウリングを抑えるノッチ・フィルター&フェイズ・スイッチを装備。独立したミッドレンジは、従来の2ウェイ設計に比べてディテールとノートの輪郭を際立たせる。

トーンの選択肢をこれまで以上に広げる、新しいエフェクト・セクションも搭載。こちらは各チャンネルでレベル調整が可能で、リバーブ/ディレイ/エコー/コーラス/フランジャー/スラップ・エコーなど、多彩なエフェクト群が内蔵されている。タイム調整やデプスなど、緻密なセッティングもお手のものだ。さらに、新しい組み込み型キックスタンドによって本体を傾ける(50度まで)ことで、短距離のサウンド・プロジェクトは飛躍的に向上。この他にも、XLRジャック対応のインプット、チャンネル・ミュート・スイッチ、ヘッドフォン・アウトなど、充実した機能の数々を装備している。