ベースに特化したオーディオ・インターフェース「MiBass Interface」が登場

AshdownのトレードマークとなっているVUメータを備え、ベーシストに親しみやすいデザインを採用したコンパクト・エフェクター・サイズのオーディオ・インターフェイス。パソコンへの接続でDAWソフトでレコーディングを行うことはもちろん、4極ケーブルでiOSデバイス(iPhone、iPad)に接続し、専用アプリ(Agile Partners社のAmpKit)を利用した練習やレコーディングもできる。

また、ヘッドフォン・アンプとして使用できるヘッドフォン端子や、DIとしてミキシング・コンソールに送ることのできるXLR出力端子を装備。本体側面にはHI/LOスイッチを搭載し、パッシブ/アクティヴのどちらのベースでも適正な入力が可能となる。電源は9V電池に加え、ACアダプター(別売)、USBバスパワーに対応。