実際のギターと同じように練習できるシュレッドネックに2つの新モデルが登場

シュレッドネックは、実際のギターと同じフレット/ネック幅で作られているため、弾いていても違和感がなく、いつでもどこでも練習可能。今回新たにラインナップされた2種のうち、DreadNeck 6 Fretは、通常の7フレットを6フレットにすることでより広いピッキング・エリアを確保。コードストロークの練習に最適なモデルとなっている。どちらも専用ギグバッグと、ペグポストに被せるチューナー・チップが付属している。なお、練習用のため音は出ないので注意しよう。