ドイツのメーカーWaldorfからコンパクトなシンセサイザー・モジュール「ROCKET」が登場

フックアップから、ドイツの老舗シンセサイザー・メーカーWaldorf製の、ユニークな仕様とサウンドが特長的なシンセサイザー・モジュール「ROCKET」が発売される。

Waldorf MusicROCKET
フックアップから、ドイツの老舗シンセサイザー・メーカーWaldorf製の、ユニークな仕様とサウンドが特長的なシンセサイザー・モジュール「ROCKET」が発売される。

ROCKETは、MIDI端子とUSB端子を備えたコンパクト・タイプのシンセサイザー・モジュール。レゾナンスノブを上げていくと自己発振するアナログマルチモード(ローパス、ハイパス、バンドパス)フィルターのほか、異なるリズム・パターンを指定できるアルペジエイターや破壊的なサウンドを作り出すブースター回路も搭載。また、オシレーター・セクションはユニークな「Wave」と「Tune」パラメーターにより、パルス幅やユニゾン・サウンドをコントロール。ユニゾンモードによりコード演奏も可能となっている。さらに、ほとんどのパラメーターが外部MIDI経由でコントロールでき、Apple iPad専用アプリ「ROCKET CONTROL」によってエディットや音色の保存も可能となっており瞬時に呼び出すことができるため、ライブでの使用にも最適だ。topback

Waldorf Music
ROCKET
42,000円(2013年6月7日発売)