North Effectsよりファズ系の新製品が2機種登場

ノースエフェクツのロシアンフェイスは、ダラス時代のファズフェイスにソ連時代のゲルマニウムを搭載。ソ連時代のゲルマニウムは、バイアス調整に時間がかかるため商品化は難しいとされるが、慎重に調整を重ねることで量産化に成功した。 サーキットはシンプルながら、高品質のコンポーネンツのみを採用。また、ジャックにはノイトリックを使用するなど、高品質な部品を丁寧に組み立てている。 なお、この製品はバッテリー専用となっているが、消費電力量はごくわずかなため、まめにバッテリー交換をしなくても長い間ペダルを駆動させることが可能となっている。

ザ スーパーは、現存するオリジナルサーキットにいくつかの現代的手法を加えて、あの日本の名機をよみがえらせたもの。ゲルマニウムトランジスタのマッチングなども一台一台チェックしながら組み上げられた逸品だ。 さらに、後期の赤箱バージョンに取り付けられていたオクターブバランストリムノブを装備。もちろん現代のシーンにマッチするように、トゥルーバイパス仕様で9Vジャックも装備している。電源は、DC9Vセンターマイナスアダプター(One Control EPA-2000推奨)、または9V電池で動作。