2種類のゲイン回路を持つオーバードライブ/ディストーションペダル「Cascade」

「Cascade」は、独立した2種類のゲイン回路を持つオーバードライブ/ディストーションペダルだ。

Drive Aでは、クラスA回路のプリアンプのみが持つウォームでピッキングに対するレスポンスの良い歪みが得られ、ピッキングだけで歪みをコントロールするような感覚で演奏することが可能。一方のDrive Bでは、クラスA/B回路によるパンチの効いた中高音域と、バイト感のある歪みを生み出すことができる。

さらにDrive AとDrive Bをミックスすることで、分厚くてダイナミック、なおかつピッキングへの高い反応性を持ったドライブサウンドを創り出すことができる。

その音色とレスポンスはソロでもリズムでも力を発揮。加えて、パッシブのトレブルカットコントロールにより、ゲインコントロールとはまた違った質感の歪みを作り出すこともできる。

各コントロールの意味は次のとおり。

  • V(Volume):音量の調整
  • A(Drive A):歪みの調整
  • B(Drive B):歪みの調整
  • C(Treble Cut):音質の調整

関連リンク