弦1本でパワーコードのサウンドが作れるフィッシュマンのベース用エフェクター

「FISSION BASS」は、原音の1オクターブ上の音に加え、その1オクターブ上の音から見て4度下(原音から見れば5度上)と5度上、さらには原音の2オクターブ上の音も組み合わせて出すことができるエフェクターだ。

オクターバーとして使えることはもちろん、ルート+5度による"パワーコード"を弦1本で得ることができるので、ベース・ソロを分厚いサウンドで弾いたり、ギタリストがソロをとっているときのバッキングに使うなど、いろいろな用途が考えられるだろう。

ノイズ・ゲートとオーヴァードライブも搭載。

関連リンク