Reampの最新版がRadialより登場

まず「Reamp JCR」を使った"リアンピング"の方法から説明しよう。

リアンピングの方法

ギターを「Radial J48」等のDIの入力に繋ぎ、DIのバランス・アウトにレコーダーを繋ぐ。これでレコーダーにはドライ・トラックが録音される。

一方、DIのTHRU端子にはギター・アンプを繋ぐ。これでギタリストはアンプからの音を聞きながらプレイすることができる。

※図では、アンプの音もマイクで拾ってレコーダーに送っている。

次にレコーダーに録音したドライ・トラックを、「Reamp JCR」経由でアンプに送って音を鳴らす。

※「Reamp JCR」は、録音したライン・レベルをアンプ用のインスト・レベルに変換する。

これで、マイクの位置やアンプの設定を変えるなどして望みのサウンドを作り、再録音を行うことができる。

エフェクトを使う場合は、図のようにDIのTHRU端子とギター・アンプとの間にエフェクターを入れる。

リアンピングの利点

このように「Reamp JCR」を使うことで、録音済みのトラックを再びギター・アンプに送って、何度でも録音し直すことが可能となる。

ギタリストは、最初の録音時にはサウンドの心配はせずに演奏にのみ集中することができ、一度良い演奏が録音できれば、リアンピングによって後から音を作り込んでいくことができる。またギタリストがその場からいなくなったあとに、エンジニアがさまざまなアンプやエフェクター、マイキングを試すことも可能だ。

この"リアンピング"の手法はもちろん、ベース、キーボード、ドラム、バイオリンなどのあらゆる楽器やボーカルにも使うことができる。

Reamp JCRの特徴

前述のとおり「Reamp JCR」は、オリジナルのReampを生み出したJohn Cuniberti氏のデザインによる、Reampの最新版だ。

オリジナルの「Reamp」と同じ回路と、USA製カスタム・トランスが搭載されており、XLRと1/4"TRS入力端子、出力レベルも装備。ハイパス/ローパス・フィルターとバイパスを切り替えられるフィルター、すぐに音を消すことができるミュート、さらに位相反転、グランドリフトなどの機能も備えている。スチールケースになり、シールド性能がアップしていることもポイントだ。

関連リンク