ヘフナーよりバイオリン・ベースの新製品が2機種登場

Vintage 62WHP 3rd Generation

ロックの歴史を変えた1962年当時のバイオリン・ベースを高い再現度で復刻した"World Historyシリーズ"。今回の3rd Generationは、伝統あるヨーロッパのバイオリン・メーカーのプライドとも言える上質なフレイムメイプルをネック材に採用し(右の画像)、さらにプレミアム度を増したモデルに仕上がっている。

ピックガードの取り付け位置にもこだわるファンのリクエストに応え、ピックガードは本体に取り付けず、ハードケース内に同梱。ボディの色調は、自然に退色した風合いを再現したサンバーストを採用。

特別なモデルのみに採用されるデラックス・ハードケース、ヘフナー社発行の証明書に加え、純正レザー・ストラップ(9,450円相当)も付属。

日本限定企画。定価は373,800円。

Vintage 61 Cavern Bass

過去数度に渡り限定復刻されてきた61年型バイオリンベース(通称「キャバーン・ベース」)が復活。

長年待ち望まれていた「ラグビーボール型ツマミ」のペグや、やや大きめのヒールを持つネックは、このモデル独自の仕様。トップ材は「Vintage62」と同様、ジャーマン・スプルースのプレス工法で作られており、よりウォームで「これぞバイオリンベース!」と言えるトーンを生み出す。また自然に退色した風合いを再現したサンバーストにより、ビンテージ・テイストを味わうことができる。

定価は346,500円。購入者には先着で純正レザー・ストラップ(9,450円相当)がプレゼントされる。

関連リンク