VOX伝統のモデルがスピーカーやリズム機能を備えたトラベル・ギターとして復活

Apacheシリーズのラインナップは「Apache-I」と「Apache-II」の2機種。「Apache-I」が「Teardrop」タイプ、「Apache-II」が「Phantom」タイプのシェイプを持つ。両モデルともに、個性的なデザインにマッチした4色のポップなカラーが用意されている。

加えて、アンプとスピーカーを新たに内蔵。サウンドはハイゲインとクリーンの2種類が用意され、充実したコントロール類によって幅広い音作りができる。2基搭載された3インチ・スピーカーは、迫力のあるギター・サウンドを生む。

▼Apache-Iの各部(クリックで拡大できます)

さらに、さまざまなジャンルのリズム・パターンを60種、数小節分のドラム・パートを収録したソング・パターンを6種搭載。いずれも臨場感に溢れた本格的なサウンドで、リアルなパターンをバックに楽しく演奏することができる。

外部音源の入力が可能なAUX IN端子も装備されているので、お気に入りの音源とともにジャムや練習を楽しむことも可能。

往年のVOXファンから、ビザール・ギター・マニア、演奏や練習を手軽に楽しみたい初心者まで、幅広い層にアピールしそうだ。

発売は2011年12月中旬予定。

関連リンク