ヤマハ、サイレントギターの10周年記念モデルを12月に発売

サイレントギターは、アコースティックギターの演奏性はそのままに、一般的なアコースティックギターの約10分の1という静粛性を実現した楽器だ。2001年12月の発売以来、自宅や夜間の練習用だけでなく、プロのステージでも認められ、幅広く好評を得てきた。

今回発表された10周年記念モデルのラインナップは、スチール弦仕様の「SLG110S QM CMB」(限定300本)と、ナイロン弦仕様「SLG110N QM CMB」(限定100本)の2製品。いずれも昨年モデルチェンジされた「SLG110S」および「SLG110N」の特長はそのままに、美しい木目のキルテッドメイプルをあしらい、鮮やかなキャラメルブラウン塗装を施したモデルとなっている。

SLG110S QM CMB/SLG110N QM CMBの主な特長

1.美しい木目を活かした鮮やかな色の仕上げの10周年記念モデル

一般的なアコースティックギターに比べ、周囲に聞こえる音は約10分の1という静粛性を実現したサイレントギター。その発売10周年記念モデルとして、その特長や共鳴胴を持たない独自のデザインはそのままに、胴などの表面に美しい木目のキルテッドメイプルをあしらい、木目を活かした鮮やかなキャラメルブラウンで塗装。

2.ヘッドホンで演奏可能、自宅での練習だけでなくステージでも活躍

ステレオインナーホンや電源アダプターを付属しているため、アンプを用意する必要がなく、手に入れたときからすぐに演奏が可能。音作りの心臓部には自社製カスタムDSPを採用しており、自然で奥行きのあるアコースティックギターサウンドを実現。

また、AUX IN端子とAUX INレベルコントロールを備えており、携帯音楽プレーヤーなどを接続して、お気に入りの音楽をバックに演奏することもできる。さらに、エレクトリックアコースティックギターと同様にLINE OUT端子も備えているため、自宅のオーディオやアンプに接続して演奏できるだけでなく、ステージのPAシステムに接続することも可能。ハウリングの心配が少なく、ライブでも上質なアコースティック・サウンドの演奏を楽しむことができる。

3.演奏性と可搬性にも優れたデザイン

アコースティックギターと同様の演奏感を得るためにデザインされたフレームは、演奏時に身体に当たる部分をなだらかなアーチ形状に成形することで圧迫感を軽減しており、ストレスを感じることなく長時間の演奏が可能。また、左フレームは取り外しが可能で、付属の専用ソフトケースにコンパクトに収納することができる。このため、部屋の中だけでなく、気軽に旅先に持ち出すこともできる。

関連リンク