NEVE1073の回路を再現したAPI 500モジュールのマイクプリアンプ、VINTECH AUDIOより登場

VINTECH AUDIO573
「NEVEサウンドを知り尽くしたメーカー」として知られるVINTECH AUDIOより、マイクプリアンプの新製品「573」が登場し、国内での販売も開始された。

「573」はAPI Audioによるモジュール規格「VPR Alliance」に対応した、API 500モジュールのマイクプリアンプだ。


「573」のプリアンプは、NEVE1073の回路を正確に再現したクラスA、オールディスクリート、トランスフォーマー・バランスで構成。追加されたハイ・インピーダンスD.I入力も入力トランスフォーマーに送られ、NEVEならではの重厚でシルキーなカラレーションを表現する。またICや表面実装のコンポーネンツは一切使用せず、完全なハンドメイドで組み立てられている。


市場予想価格は92,400円。


573の機能



  • GAIN:5dBのステップ式ゲインを採用。20-70dB間でのコントロール。

  • PHATOM:48Vファントム電源をON/OFFする。

  • IMPEDANCE:入力インピーダンスを300オーム/1.2kオームで切替可能。

  • PHASE:位相反転スイッチ。

  • MIC/LINE:入力感度をライン/マイクで切替。

  • OUTPUT:アウトプット・ボリューム(PHASEスイッチの下のノブ)。

  • D.I.:楽器を接続できるハイインピーダンス入力。


▼API Lunchboxへの設置例




VINTECH AUDIO
573
オープンプライス