音と映像の演出・収録・ライブ配信に必要な機能を一体化したローランドのAVツール「VR-5」

RolandVR-5
ローランドは、音と映像の演出や収録、ネットでのライブ配信などに必要とされる多数の機能を一体化させたAVツール「VR-5」を、2011年1月に発売することを発表した。

「VR-5」は、オーディオとビデオのミキサーおよびレコーダーとしての機能を備えた上、AVミキサーとしては世界初の「USB AV出力」も装備。同機にカメラ、マイク、パソコンを接続するだけで、「Ustream」「ニコニコ生放送」「Stickam」等で手軽にライブ配信を開始することができる。


また、入力と出力を同時に確認でき、タッチで操作できるデュアル・タッチ・モニターを採用。これにより映像の選択も素早く直感的にできる。演出した音と映像はSDカードに録画可能。フォーマットはMPEG-4のため、パソコンでの管理や配布が容易。


さらにトランジション、ピクチャー・イン・ピクチャー、スプリット、クロマキー、ルミキーなど、高度な映像の合成が簡単な操作でできる機能や、不要な映像や音声をワンタッチでカットするつまみなども装備。ライブ配信時のワンマン・オペレーションを想定した仕様となっている。


VR-5の主な特長



  • USBでパソコンと直結、すぐにライブ配信可能

  • デュアル・タッチ・モニターで直感操作

  • シンプル操作で2画面合成が可能

  • 高度な映像合成をつまみ1つで

  • パソコンの映像や音声を活用

  • フル・デジタルでオーディオをミックス

  • SDカードにワンタッチ録画

  • 安心の出力コントロール



Roland
VR-5
409,500円