ヤマハ、神保彰デビュー30周年記念モデルを発表

『YD9000AJ』は、神保彰のプロデビュー30周年を記念したモデル。アマチュア時代に大学のクラブで購入した「YD9000」リアルウッド(生地塗装)モデルを再現したシグネチャー・モデルで、神保彰が今年1月からのツアーで使用しているものと同じ仕様になっている。

販売について、まずはヤマハ認定ドラムディーラーの「ヤマハアブソルートドラム ショップ」(全国19店舗)にて5月17日(月)から先行して受注受付を開始。それ以外の全国のヤマハドラム特約店では7月20日(火)から受付を開始する。また、受注は2010年12月31日(金)までの期間限定となり、製品の出荷は6月14日(月)からを予定しているとのこと。販売予定数は30セット。「ヤマハアブソルートドラム ショップ」での予約受付については、ヤマハのウェブサイト(http://www.yamaha.co.jp/product/drum/)にて告知する。

主な特徴は以下のとおり。

【特徴1】神保彰氏デビュー30 周年記念モデル

「神保彰30th Anniversary オリジナルエンブレム」を装着。



【特徴2】YD9000 リアルウッドモデルを再現

1976年発売の「YD9000」リアルウッド(生地塗装)モデルを再現するため、「YD9000」と同じくシェル材はバーチ、ベアリングエッジの形状は60度R3を採用。タムマウントはレギュラーマウントとし、適度なディケイを再現している。また、「YD9000」時代の塗装レシピを現在の塗料で再現。



【特徴3】神保彰氏オリジナルの仕様を搭載

14インチと16インチのタムマウントには、神保彰のドラムテック枝川氏のアイデアによるハイブリッドマウントを搭載。太い音色と鮮明な輪郭が得られ、セッティングの自由度が向上している。