WALDORFの技術を集約したソフト・シンセ

WALDORFLargo
ウェーブテーブルとバーチャル・アナログを統合したハイブリッド・タイプ

WALDORF Largo 26,250円



近年はBlofeldなどのハードウェア・シンセでも人気を集めているドイツのWALDORFから、ソフト・シンセLargoがリリースされた。国内での発売日は7月17日(金)。


同社の得意とするウェーブテーブル・シンセシスとバーチャル・アナログ・シンセシスを融合したハイブリッド・タイプ。シンセの構成は1レイヤーごとにオシレーター×5、マルチモード・フィルター×2、ドライブ・セクション×2、LFO×3、エンベロープ×4で、1サウンドについき4つのレイヤーが使用できる。またエフェクトもコーラス、フランジャー、フェイザー、オーバードライブ、ディレイ、リバーブが用意されている。


対応環境はWindows XP/VistaもしくはMac OS X 10.3.9以降で、VST 2.0もしくはAudio Units 2.0対応のホスト・アプリケーション上でプラグインとして動作する。



[関連サイト]


■フックアップ


http://www.hookup.co.jp/


■製品紹介ページ


http://www.hookup.co.jp/products/plugins/largo.html


WALDORF
Largo
26,250円