【お知らせ】6月20日の申込/更新分より、サンレコWebのサブスクリプション価格を改定いたします。詳細はこちらをご覧ください。また、6月17日までWeb+印刷版(年間)を約30%オフでご提供しています。

ナチュラルな音と分かりやすい定位が魅力のパワード・スピーカー

FOCALCMS 65
FOCALは1980年フランスのサンテティエンヌという街で設立されました。30年の歴史を持ち、数々の賞を受賞している同社はコンシューマー用の小型高級スピーカーの分野において、フランスでは根強い人気のメーカーです。そんな彼らがコンシューマー製品で培われた技術や知識を織り込みんだ同社初のプロ用モニター発売から5年。現場の要求に応えるため新たに設計したのがこのCMSシリーズで、今回レビューする165mmウーファーのCMS 65と127mmウーファーのCMS 50(58,800円/1本)というラインナップ。近年、各社から発売されている小型のパワード・モニターの充実ぶりも踏まえて、早速チェックしてみましょう。

ポリグラス素材のウーファーは
広帯域と低ひずみを実現


本体のサイズは、ニアフィールド・モニターのYAMAHA NS-10Mとほぼ同じですが、高さが若干低め。つや消しの黒のダイキャスト・アルミニウム・ボディは、すべての縁が緩やかに面取りされていて仕上げはブラック・パウダー・コーティングで少しざらついた感触です。ウーファーの色も明るめのグレーで、全体的にはシックで落ち着いたデザインとなっています。素材にはポリグラスというミクロ・レベルの極小極薄ガラスを使用し、高い硬度・強度を持ち、広帯域・低ひずみを実現しているとのこと。ウーファー下部の横長のスリットがバスレフとなっています。35mmツィーター部は、ドームをひっくり返したスタイルで非常にユニークな形状です。同社は20年以上このデザインを採用しており、素材はアルミニウム/マグネシウム合金とのこと。入力はバランス(XLR)とアンバランス(RCAピン)の2種類。アンプ部は100W(LF)+60W(HF)というバイアンプ構成で、信号経路を極力短くしたシンプルな回路になっているそうです。また、リア部にハイパス・フィルター(45/60/90Hz:12dB/oct)と、4.5kHzのハイシェルビング(+2dB〜−4dB)、450Hzのローシェルビング(+2dB〜−4dB)、机などに設置した場合に起きる中低域の干渉を未然に防ぐ、160HzのDesktop Notchフィルター(0〜−6dB)を装備。接続する機材の出力に合わせてインプットのレベルも+4dBu/0/−10dBvに切り替えられます。また、フロント・パネルの下部にスタンバイ/オン・スイッチと、出力レベルの微調整が可能なボリュームつまみを備え、あらゆる環境に対してユーザーがコントロールできる、至れり尽くせりな設計です。

高/低域に無理なく伸びている
レンジの広さが好印象


まずは、すべてノーマルのセッティングでバランス接続。普段聴いているリファレンスCDと、実際に録音/ミックスをした作品を聴いてみます。最初に感じたのは、レンジの広さ。高/低域も自然に無理なく伸びていて好印象です! 特にアコースティック楽器は、EQやコンプのかかり具合がすごくよく分かります。高域もうるさい感じではなく、長時間の作業にも適しています。アタックのある音もタイトで、シンセやサンプリング音源の超低域も自然に鳴ってくれます。音作りの際、エフェクトを使った無理な低音の出し過ぎにも、十分にコントロールしやすそうですね。ボーカルについても癖が少なくナチュラルに感じました。また、逆相成分の多い音場や、よりスペーシーでワイドな広がりも分かりやすく、左右のワイド感、不自然な広がりや各音像の定位なども見えやすいので、位相の良さがうかがえます。現在作業中のDIGIDESIGN Pro Toolsのデータでもチェック。録音/ミックス途中なので、バランスの悪い部分や、エフェクト処理の済んでいないトラックの状況とかはとても分かりやすいです。バランスや音場の良しあしが分かりやすく、モニターの資質は十二分に備えていると思います。特に我が家では、低域のたまった感じや高域の不具合は、あまり感じなかったので補正フィルターは試しませんでしたが、モニター前にテーブルがあるのでDesktop Notchフィルターを試してみました。なるほど。低域〜中低域が少し整理されて、より音場が整頓された感じです。全体として本当に好印象です。ただしナチュラルな分、ひずみ系のギターが多いエッジの効いた音や、パワフルで派手めなジャンルなどでは、若干上品に感じるため音量をより上げたくなる傾向があります。それでも今回、クリップ時につくLEDが光ったことはありませんでした。通常の使い方では十分なパワーだと思いますが、音量がある程度出せる環境以外では、音量の出し過ぎに気をつけないといけなくなるでしょう。FOCALはコンシューマー製品を30年間作ってきたメーカーです。その歴史から培われた確かな技術/知識を織り込んで作られたCMS 65。過剰にディフォルメされたオーディオ機器とは一線を画すと思います。また同社の大きな強みとしては、開発設計/製造/品質管理といった一連の工程を、本社内で一貫統合された形で完結されているのも大きなポイント。フランス製のモニターの大いなる実力を、ぜひ試してみては!
FOCAL
CMS 65
81,900円/1本

SPECIFICATIONS

■周波数特性/45Hz〜28kHz
■ツィーター/35mm
■ウーファー/165mm
■クロスオーバー周波数/3kHz
■アンプ出力/100W(LF)、60W(HF)
■外形寸法/241(W)×359(H)×231(D)mm
■重量/10.5kg(1本)