低価格ながら手軽にステレオ録音を楽しめるコンデンサー・マイク・セット

FOSTEXMC10ST

僕にとってFOSTEXというメーカーは無くてはならない存在。いや、僕だけではなくアナログ録音世代には切っても切れない縁と言った方がいいかもしれません。僕は同社のオープンリール8trレコーダーR8のヘビー・ユーザーで、その前のモデルであるModel 80から使っています。プロだけではなく一般の人でも手に入りやすい価格帯で優れた製品が多く、音質も確か。いいことずくめの製品を数多く発表しているメーカーだと思っています(思い切り個人的な意見ですいません!)。

リーズナブルながら
抜けが良く低域の安定したサウンド


さて、今回紹介するFOSTEX MC10STはコンデンサー・マイクでありながらリーズナブル。しかもステレオ・ペアでステレオ・マウント用ブラケットのほか、ショック・マウントとウィンド・スクリーンがペアで付属。宅録派には言うこと無しといったところです。形状はペンシル・タイプで、ブラックのボディがほどよくつや消しされていて高級感を感じます。ちなみに、このタイプのマイクはダイアフラムが小型でどちらかと言うと高域を多く含む音を収録することが得意なため、ドラムのトップやアコースティック・ギターなどの録音によく使われています。では、実際にMC10STのサウンドをチェックしてみます。場所は僕がいつも使っているCOILの宅録スタジオ、ロープランド。まずはアコギを録ってみましょう。TL AUDIOのミキサーVTC32に搭載されているチューブ・タイプのマイクプリに接続し、アコギを試し弾きしながらモニターすると、随分と抜けが良く、低域も暴れずに聴こえるのでびっくり! 演奏中はヘッドフォンをした状態なので、楽器から直接出る音や体に伝わってくる振動で正確な音が分かりづらいのですが、モニターしやすいと感じました。ひとしきり演奏した後、録音した音を確認してみると、ヘッドフォンでモニターしたときの印象とあまり変わらず、ほどよい低域ときらびやかなサウンドが好印象。個人的に好きな音です。ここまでではMC10STの良さがまだ分かりづらいと思うので、いつも使っているマイクでアコギを録音して比較してみます。用意したのはSHURE SM57とAKG 414B-XLllの2本。414B-XLIlは高価なコンデンサー・マイクなので参考用に選びました。SM57はご存じの通り宅録の定番で、個人的にも好きなマイクなのですが、両方のサウンドを比べると、なぜMC10STの音が気持ち良いのか気が付きます。それは僕がSM57と414B-XLllを使ってレコーディングする際に施すEQ処理後の音に似ているから。MC10STの特性グラフを見るとそれは明白で、僕がいつも施しているEQ処理とほぼ同じ線が描かれています。ちょうど8kHzあたりにピークがあり、4kHzにまた少し山があって後は低域に向かって緩やかに下がっていく感じで50Hzからまた少し下がるというもの。どうりでいい感じで鳴っているわけです。後でEQをかける必要も無く、オケに埋もれない音をそのまま録音できるのです。しかも、ギターのコード感も分かりやすく、ストロークしたとき弦にピックが当たった際の音はサラっとしていて気持ちがいいし、強いカッティング時のレスポンスも実にいい感じです。指で弾いたときは414B-XLllに比べると低域が若干足りないかな?と感じたのですが、歌が入ると気にならなくなるだろうし、EQやマイクのセッティングを変えることで十分カバーできる範囲だと思います。

エッジがありクリーンな音質は
ボーカルと相性バッチリ


続いてボーカルを録ってみると……エッジが出た実にクリーンなサウンドで、女性ボーカルだとさらにいい感じになると思いました。アコギ同様、レコーディング後にあまりEQ処理を施す必要もなさそうです。また、付属のウィンド・スクリーンを使ってギリギリまで口を近付けて近接効果を狙ってると、見事にロックなサウンドをとらえられます。ダイナミック・マイク的な使い方もできることに感心です。ドラムのトップやハイハットなどを録ってもドンピシャだし、ステレオ・ペアなのでアコギのステレオ・レコーディングも気軽にできて便利。それに2本セットという利点を生かして、フィールド・レコーダーと一緒に持ち出せば生活音や環境音を手軽にステレオ録音するという用途も考えられます。つまり、使う人次第でどんな場面にも対応できるのです。それに、コンデンサー・マイクを2本そろえるとなると、価格はそれなりになるし、そろえたマイクのマッチング次第で良い結果が得られるとも限りません。しかし、MC10STならそんな心配も無用。また、付属のステレオ・マウントで1本のマイク・スタンドにセットできるのも高ポイントでしょう。価格や使い勝手を考えると“MC10STが昔から出ていれば……”と考えさせられます。このマイクは宅録の強い味方になってくれるはずです!
FOSTEX
MC10ST
26,040円

SPECIFICATIONS

■周波数特性/40Hz〜20kHz
■指向性/単一
■感度/ー40dBV/Pa(10mV/Pa)
■インピーダンス/200Ω
■最大音圧レベル/134dB(THD0.5%以下、1kHz)
■ダイナミックレンジ/112dB
■外形寸法/20(φ)×150(H)mm
■重量/約130g(1本)
■付属品/ショックマウント・アダプター×2、ステレオ・マウント・ブラケット、ウィンド・スクリーン×2、キャリング・ケース