高い信頼性と拡張性を両立し、操作性に優れたハード・ディスク・レコーダー

MACKIE.SDR24/96

MACKIE.と言えば小型ミキサーというイメージが強いと思う。しかし、最近デジタル機器の分野ではコンソールなどのミドル・レンジのハードまで手掛けており、同社から発売されたハード・ディスク・レコーダー(以下、HDR)の単体機HDR24/96もその一例だ。今回紹介するSDR24/96はその弟分にあたり、違いはディスプレイを使った高機能な編集やI/Oカードの選択肢が無いところなどとなっている。基本性能は落とさずコスト・パフォーマンスを高くしたわけだ(当然ながらデータ互換性も保たれている)。

内蔵ハード・ディスクと
ドライブ・ベイを採用


SDR24/96は記録メディアにハード・ディスクを採用し、20GBある内蔵のもの以外にも付属のMackie Media Trayという専用スワップ・ケースを使用するリムーバブルのドライブ・ベイをフロントに備えている。この容易に着脱可能なMackie Media Trayは安価に手に入るIDEハード・ディスクを採用しているのでランニング・コストが抑えられるわけだ。また、オプションであるMackie Media ProjectというORBディスクを使うリムーバブル・メディアを活用することで、プロジェクト単位のバックアップを安価に行える。元来、ORBディスクはPC用のデバイスであり、転送速度がDVD-RAMの約2倍でデータ・ストア可能。容量は約2.2GBだが、プロジェクト単位(1曲的な感じ)で考えると十分だと思う。忘れてはいけないことだが、製品名に24/96とある。つまり、24ビット/96kHzでレコーディングができるのだ。最近のデジタル・レコーディング機器では当然のようになっているが、たとえ48kHzで収録するにも96kHzに対応しているということは、アナログ入力部が高品位であるということ。やはりそのような意味でも余裕を持ったスペックの優位性があるわけだ。次にシステムの拡張性という面では、USB端子が装備されており、PC経由で本機のOSをバージョン・アップさせたり、PCとセッション・データのやり取りができる。つまり、非常に細かいエディット作業が必要な場合はDAWにデータを移して作業を行い、その結果を本機へ戻せるのだ(オーディオ・ファイルはAIFF、WAV、BWFに対応)。ただ、個人的なリクエストを言うなら大容量のセッションのやりとりを考えてUSB2.0やFireWireなどがあればさらに良かったと思う。その他の仕様的な特徴は、9ピン・リモート端子が付いていること。通常のレコーディングで使用されるリモート系は本機にも装備されているMIDI端子を利用するMMCや専用リモート端子が一般的だが、9ピン・リモートは主に映像関係の編集システムなどに組み込まれるものなので、ポストプロダクションのVTR編集室やMAスタジオで使用するにも便利だろう。ちなみにタイムコードは全フォーマット(24/25/29.97/29.97ドロップ/30/30ドロップ)をサポートしている。

不慮の電源オフなどに対処する
Record Recovery機能


早速、実際に使用した感想だが、録音することに特化した製品だと実感できる作りで、HDRということをあまり意識せずにテープ・レコーダー感覚で操作できる。当然ながら最初に幾つかの設定が必要なのはどんなHDRでも同じだが、本機はその設定が容易で、入出力の設定などがあらかじめ成されていれば新規プロジェクトを作るだけで録れるのだ。操作スイッチも小気味よい感じで、パンチ・インもスムーズである。たとえ内蔵のハード・ディスクで容量が足りなくても、フロントのドライブ・ベイのMackie Media Trayなどに記録媒体を変更することでさらにセッションを追加することも可能だ。フロントにある電源スイッチにはソフトウェア・コントロール・タイプを使用しており、作業中に電源スイッチを押してしまっても即座に電源が切れることはない。さらに、専用OSの採用で非常にスピーディに起動するので、素早さという面でも好印象を持った。加えて本機はRecord Recoveryという画期的な機能を装備している。この機能はレコーディング時に何らかのトラブルで電源が落ちてもその数秒前までは復帰可能というもの。PCベースのDAWや専用機型HDRなどでもそうだが、電源が落ちたりするとレコーディング後にセッションをセーブしていなければせっかくのテイクがすべて失われる最悪のケースがある。しかし、この機能でその損失を最小限にできるわけだ。これらの機能をフル活用するのであれば、ライブの収録という使用方法が考えられる。あらかじめ内蔵ハード・ディスクに記録後、フロント・ベイに装着した別のハード・ディスクにチェンジして記録を続けることで長時間レコーディングが可能なのだ。ディスクのチェンジにあまり時間がかからないので、MCや休憩時に余裕で対処できるだろう。さらにRecord Recovery機能もあるので、信頼性が高いのは非常にありがたい。今回のレビューではスケジュールの都合上、本機をスタジオに持ち込めなかったので細かなサウンド・チェックまで行えなかったのだが、自分の仕事場で聴いた感じでは問題を感じなかった。これだけ懐が広いHDRはそうないだろうし、個人的にも物欲が騒ぎ出したのは言うまでもない。
MACKIE.
SDR24/96
400,000円

SPECIFICATIONS

■量子化ビット数/16/24ビット
■サンプリング周波数/44.1/48/88.2/96kHz
■AD/DA/24ビット、128倍オーバー・サンプリング
■周波数特性/2Hz〜20kHz(+0dB/−0.5dB)
■ダイナミック・レンジ/108dB(デジタル入出力)
■全高調波歪率/0.005%
■入出力端子/アナログ入出力(D-Sub25ピン×6)、デジタル入出力(ADATオプティカル)、ワード・クロック入出力、USB、MIDI IN/OUT、フットスイッチ、MICRO/REMOTE 24コントロール、ADAT Sync IN/OUT、SERIAL9ピン・リモート
■外形寸法/483(W)×133(H)×337(D)mm
■重量/6.4kg