【お知らせ】6月20日の申込/更新分より、サンレコWebのサブスクリプション価格を改定いたします。詳細はこちらをご覧ください。また、6月17日までWeb+印刷版(年間)を約30%オフでご提供しています。

第1回 波形編集セミナーがスタート!

DAWでのトラック制作にはさまざまな方法がありますが、オーディオをカット&ペーストして見た目通りに組み合わせていく波形編集は、初心者にも分かりやすい手法。しかし、シンプルだけに奥深い世界でもあります。そんな波形編集によるトラック制作のノウハウを紹介していくサウンド&レコーディング・マガジンの連載「波形編集でトラックを作ろう!」。 ここでは本誌で紹介された制作手順を耳で確認できます。ファイルを再生しながら読み進めれば、波形編集への理解度を深める助けとなるでしょう。

第2回目から、「波形編集でトラックを作ろう!」で紹介したトラック制作の手順に沿ったサウンドをアップしていきます。連載と併せて読み進めてください。

飛澤正人プロフィール

tobisawa.jpg

自身のFlash Linkスタジオを拠点にDragon Ash、GACKTなどの作品を手掛けるエンジニア。クリエイターとしても早くから波形編集を取り入れ、ロックの疾走感とクラブ・ミュージックのレンジ感が違和感なく同居するトラックメイクにおいても高い評価を得ている

Photo:Hiroki Obara