【Ust配信のご案内】佐久間正英+山口州治「スタジオ・レコーディング・セミナー」― 当代一のプロデューサーとエンジニアによる [本気の録音技術講座]

数々の名盤を作り続けているプロデューサー佐久間正英氏、レコーディング・エンジニア山口州治氏が、"今のうちに伝承できることをやっておかないと"という強い思いのもと、弊誌とともにレコーディング・セミナーを開催することになりました。 今回のセミナーでは、実際にレコーディング・スタジオにバンドを招き、ドラムへのマイキングからギター・アンプの収音の仕方、さらにはボーカル・ダビングまで、スタジオでいい音を録るためのテクニックを余すところなく披露していただきます。会場はAzabu O StudioのA Studio、バンドは佐久間氏自身がリーダーを務めるunsuspected monogramを迎えて、彼らの新曲をレコーディングしていきます。 当日はUstreamによる中継も予定しておりますが、現場での体験に及ぶものではありません。お二人による"本気の録音技術講座"、ぜひ、ご自身の目と耳で体験してください!

数々の名盤を作り続けているプロデューサー佐久間正英氏、レコーディング・エンジニア山口州治氏が、"今のうちに伝承できることをやっておかないと"という強い思いのもと、弊誌とともにレコーディング・セミナーを開催することになりました。 今回のセミナーでは、実際にレコーディング・スタジオにバンドを招き、ドラムへのマイキングからギター・アンプの収音の仕方、さらにはボーカル・ダビングまで、スタジオでいい音を録るためのテクニックを余すところなく披露していただきます。会場はAzabu O StudioのA Studio、バンドは佐久間氏自身がリーダーを務めるunsuspected monogramを迎えて、彼らの新曲をレコーディングしていきます。 当日はUstreamによる中継も予定しておりますが、現場での体験に及ぶものではありません。お二人による"本気の録音技術講座"、ぜひ、ご自身の目と耳で体験してください!


スタジオ・レコーディング・セミナー


本セミナーは申し込みが定員に達しましたので締め切りとなりました。ご応募いただき誠にありがとうございました。
当日はUstreamでの動画配信をお楽しみください。


Ustream配信のご案内


banner_wht_250-250.gif


本セミナーの模様は、同日時にWebサイト『キャンプサイト(http://www.kampsite.jp/)』にてUstream放送いたします。



  • 開催日時:2011年10月16日(日) 13:00 START(19:00終了予定)

  • 講師:佐久間正英、山口州治

  • 出演バンド:unsuspected monogram

  • 開催場所:Azabu O Studio A Studio
    東京都港区西麻布2-24-13

  • 参加費:3,000円(定員20名・先着順にて受付)
    ※チケットはお1人様につき1枚の受付となります。

  • 参加受付期間:定員に達したため終了



申し込み


※チケット代金は振込払いとなります。領収書は発行いたしませんのでご了承ください。
※チケット代金振込完了後のキャンセルによる返金はお受けできませんので、上記事項をよくご確認の上お申し込みください。
※本イベントのチケットの転売は、かたくお断りいたします。


-->















1109-srs-p1.jpg


佐久間正英


1952年生。プロデューサー/ミュージシャンとして30年以上のキャリアを誇る。これまで四人囃子やプラスチックス、Nina、The d.e.pに参加してきたが、2008年に"最後のバンド"としてunsuspected monogramを始動。プロデューサーとしてはBOØWY、ブルーハーツ、JUDY AND MARY、GLAYなど、100を超えるアーティストの作品に携わる。



1109-srs-p2.jpg


山口州治


1978年日本ビクター入社。1985年よりフリーランスのエンジニアとなり、ARB、アナーキー、ルースターズ、ブルーハーツ、ミッシェル・ガン・エレファントなど、数多くのロック・バンドのアルバムを手掛ける。最近でもザ50回転ズ、黒猫チェルシー、ボヘミアンズ、brainchild'sを担当し、ロックな音を求めるアーティストたちからの信頼は厚い。



1109-srs-p3.jpg


unsuspected monogram


佐久間正英が長年構想していた理想のバンドを実現すべく、若菜拓馬(g、vo)、星山哲也(ds)、砂山淳一(b)、そして佐久間音哉(k)により2008年に結成されたバンド。高度な演奏能力をベースに、シューゲイザーやオルタナ、さらにゴスペルやアフリカ民族音楽といったルーツ・ミュージックへも目配せしつつ、それらをポップに昇華した音楽を追求。



関連リンク