“Fire”でもUSB I/O

RMEから登場したのはハーフ・ラックのオーディオ・インターフェース、FireFace UCです。

Rme

コンピューターとの接続はUSB2.0で、18イン/18アウト仕様。うちアナログ入出力は8chで、ADAT入出力×1系統、S/P DIF入出力×1系統。MIDI IN/OUTも備えます。

RME Hammerfallコアを元に設計されており、レイテンシーをMac OS Xにおいては14サンプルまで抑えることが可能とのこと。

最大24ビット/192kHzに対応します。