オーディオ・インターフェースって何?〜使い方とおすすめ製品を紹介

オーディオ・インターフェースって何?〜使い方とおすすめ製品を紹介

パソコンで音楽制作する際に必須のツール、オーディオ・インターフェース。オーディオI/O(イン/アウト)とも呼ばれており、その名の通りパソコンの音声入力/出力を担う機材です。音の入出力はパソコン本体だけでも行えることが多いのですが、なぜ音楽制作にはオーディオ・インターフェースが必要なのでしょう? その使い方とおすすめの製品を紹介します。

オーディオ・インターフェースはなぜ必要?

オーディオ・インターフェースはなぜ必要?

1. マイクや楽器の音をパソコンに取り込むため

 パソコンには、マイクやギターなどを接続するための入力端子がありません。そこでより良い音質で音声を取り込むために必要になるのが、オーディオ・インターフェース。オーディオ・インターフェースには、マイクで拾った音声信号を増幅するための“マイク・プリアンプ”や、高品質でデジタル変換するための“ADコンバーター”という回路が内蔵され、これらは機器によって個性が有ったり、性能が異なったりします。またカタログなどで見る“◯イン/◯アウト”という記述は、同時に入力/出力できる音声信号の数を表しているので、覚えておくとよいでしょう。

●マイクプリのゲイン・ノブ

 マイク・プリアンプのゲイン・ノブでは、入力レベル(入力音量)の調整が可能。マイクプリはメーカーや機種によって音質的な個性が出やすい部分なので、好みに合ったものを見つけましょう。

●パソコンとはUSBなどで接続

 オーディオ・インターフェースはUSBケーブルなどでパソコンと接続。最近ではType-C端子を搭載するモデルが増えています。

2. 高音質でモニタリングするため

 演奏/録音中の音やミックス中の音を聴くことを“モニター”“モニタリング”と呼びます。パソコンのヘッドフォン・アウトにスピーカーやヘッドフォンをダイレクトに接続している人も多いと思いますが、オーディオ・インターフェースには高品質でアナログ変換するための“DAコンバーター”やヘッドフォン・アンプを備えているため、より高解像度でモニターすることが可能。よってモニタリングする際は、なるべくオーディオ・インターフェースから出力することをお勧めします。

●ダイレクト・モニタリング機能

 オーディオ・インターフェースに入った音は、一度パソコン内で処理され、再びオーディオ・インターフェースを経由して出力されます。そのため、音声は若干遅延して出力されることになるのです。これではうまく録音が行えません。こうした遅延=レイテンシーの問題を解決するのがダイレクト・モニタリング機能。これを使えば、パソコンを介さずダイレクトに入力音を送れなくモニターできます。

ARTURIA MiniFuse 1 / MiniFuse 2 / MiniFuse 4

ARTURIA MiniFuse 1 / MiniFuse 2 / MiniFuse 4

価格:MiniFuse 1:15,950円、MiniFuse 2:23,100円、MiniFuse 4:価格未定
対応OS:Mac|Win
バンドルソフト:ABLETON Live Lite|ARTURIA Analog Lab Intro|ARTURIA FX|NATIVE INSTRUMENTS Guitar Rig 6 LE

ARTURIAのサウンドを支えるチームが手掛けたコンパクトでシンプルなオーディオI/O

 MiniFuseは、最高24ビット/192kHzに対応するコンパクトでシンプルなオーディオI/O。1イン/2アウトのMiniFuse 1、2イン/2アウトのMiniFuse 2、4イン/4アウトのMiniFuse 4という3モデルをラインナップ。それぞれブラックとホワイトが用意されている。音楽の演奏やレコーディングはもちろん、ポッドキャストやストリーミングにも活用できる。ダイナミック・レンジ=110dB、入力換算ノイズ=−129dB、高調波歪率=0.001%というスペックを持ち、ノイズやひずみを抑え、あらゆるニュアンスのサウンドをとらえてくれる。

 ARTURIAのAudioFuseシリーズ、V Collection、Bruteシリーズを手掛けたチームによる開発という点も心強い。パソコンからのオーディオ信号を録音/再生できるループ・バック・バーチャル・チャンネルも有用な機能だ。入力はXLRと1/4インチフォーンのコンボ・ジャック、パソコンとの接続はUSB-Cで行い、USBポートが足りなくなったときのためにUSB-Aポートも用意されている。また、MiniFuse 2と4にはMIDI入出力の端子も装備。操作に困ったとき、プロに学びたいときに便利なチュートリアル動画が用意されているのもビギナーにとってはうれしいところだ。

BLACK LION AUDIO Revolution 2×2

BLACK LION AUDIO Revolution 2×2

価格:49,500円
対応OS:Mac|Win
バンドルソフト:PRESONUS Studio One Artist|iZOTOPE Elements Suite|BRAINWORX bx_digital|LINDELL AUDIO 6X-500

 Revolution 2×2は、24ビット/192kHzに対応する2イン/2アウトのオーディオI/O。2chマイク/インストゥルメント/ライン入力、視認性の良いLEDメーター、大型ボリューム・ノブ、2chバランス・ライン出力、ハイパワーなヘッドフォン出力、入力/再生をブレンドするモニタリング機能、S/P DIF入出力を持つ。ハイエンドなコンデンサーを採用したアナログ回路を備え、プロの現場で愛用されているMicro ClockシリーズゆずりのマクロMMCクロックも搭載。低ノイズを実現するPG-iパワー・フィルタリング・テクノロジーも同社ならではのノウハウと言える。

ESI UGM192

ESI UGM192

価格:オープン・プライス(市場予想価格/17,600円前後)
対応OS:Mac|Win|iOS
バンドルソフト:AUDIFIED InTone 2 ESI Edition

 UGM192は、最高24ビット/192kHzに対応する手のひらサイズのオーディオI/O。マイク入力とHi-Z入力を1つずつと、ステレオ・ライン/ヘッドフォン出力を1つ備えており、ギタリストやベーシストのレコーディングに適した仕様となっている。ヘッドフォンを介してゼロ・レイテンシー・モニタリングが行えるほか、スタジオ・モニターの接続も可能。給電用USB電源コネクターを介してUSBバッテリーを使った給電にも対応する。オーディオのプレイバック、レコーディング&ミックスが可能なソフトウェア、AUDIFIED InTone 2 ESI Editionが付属する。

ESI Gigaport EX

ESI Gigaport EX

価格:オープン・プライス(市場予想価格/24,200円前後)
対応OS:Mac|Win|iOS

 Gigaport EXは、最高24ビット/192kHzに対応し、8つのアナログ出力と2つのヘッドフォン出力を備えた再生専用のオーディオI/O。5.1ch、または7.1chサラウンドのセットアップに適しており、8つの出力は独立したコントロールが可能なので、映画音楽のミックス・ダウンやマルチメディア・アプリケーションのオーサリングに活用できる。また、DJソフトとの組み合わせにおいては、8つのアナログ出力を4デッキのステレオ出力として使用し、2つのヘッドフォン出力によってスタンバイ中のトラックをモニタリングすることも可能となる。

ESI U108 Pre

ESI U108 Pre

価格:オープン・プライス(市場予想価格/63,800円前後)
対応OS:Mac|Win
バンドルソフト:BITWIG Studio 8-Track

 U108 Preは、最高24ビット/96kHzに対応する10イン/8アウトのオーディオI/O。入力の10chにはすべて+48Vファンタム電源を備えたマイク・プリアンプを搭載しており、コンデンサー・マイクが接続できる。また、フロントの2chはXLR/TRSのコンボ端子でHi-Z端子兼用となっており、ギターなどを直接接続可能となっている。8つの独立した出力端子を備え、付属のコントロール・パネルでサブミックスやパラアウトをミキシング・コンソールやキュー・ボックスに送り、最適なモニタリング環境を提供する。DAWのBITWIG Studio 8-Trackを付属。

FOCUSRITE Scarlett Solo / 2i2 / 4i4 / 8i6 / 18i8 / 18i20

FOCUSRITE Scarlett Solo / 2i2 / 4i4 / 8i6 / 18i8 / 18i20

価格:オープン・プライス(市場予想価格/Scalett Solo:14,300円前後、Scalett 2i2:20,350円前後、Scalett 4i4:28,820円前後、Scarlett 8i6:37,400円前後、Scarlett 18i8:48,400円前後、Scarlett 18i20:62,260円前後、Scarlett Solo Studio:27,500円前後、Scarlett 2i2 Studio:33,000円前後)
対応OS:Mac|Win
バンドルソフト:FOCUSRITE Hitmaker Expansion|FOCUSRITE Red Plug-in Suite|ABLETON Live Lite|AVID Pro Tools 3カ月トライアル|SOFTUBE Time and Tone Bundle|XLN AUDIO Addictive Keys|Splice3カ月トライアル

2011年の登場以来世界中で愛されるバリエーション豊富なオーディオI/O

 Scarlettシリーズは最高24ビット/192kHzに対応するオーディオI/O。Scalett Soloは2イン/2アウトのエントリー・モデル。マイク入力と楽器入力を1つずつ備えている。Scalett 2i2は2イン/2アウトでマイク入力と楽器入力を2つずつ搭載。Scalett 4i4は4イン/4アウトで入出力はより豊富に。Scarlett 8i6は8イン/6アウトで2つのマイクプリ、4つのライン入出力に加えS/PDIF入出力も備えている。Scarlett 18i8は18イン/8アウトでバンドのレコーディングにも対応できる。S/P DIFやADATでの外部ハードウェアでの拡張も可能。Scarlett 18i20は18イン/20アウトのフラッグシップ。ラックマウントしても使える。

 Scarlett Solo Studio、Scarlett 2i2 Studioというマイクやヘッドフォン、ケーブルをセットにしたオールインワン・パッケージも用意されている。2021年10月1日以降に登録された製品には、プラグイン・パッケージHitmaker Expansionが無料で付属される。ボーカルを自在に調整できるANTARES Auto-Tune Access、数多くのヒット曲で使用されたリバーブを搭載するRELAB LX480 Essentials、ギター・アンプ・シミュレーターMARSHALL Silver Jubilee 2555などを収録。

FOCUSRITE Clarett+ 2Pre / 4Pre / 8Pre

FOCUSRITE Clarett+ 2Pre / 4Pre / 8Pre

価格:オープン・プライス(市場予想価格/Clarett+ 2Pre:57,200円前後、Clarett+ 4Pre:79,200円前後、Clarett+ 8Pre:143,000円前後)
対応OS:Mac|Win
バンドルソフト:BRAINWORX bx_console Focusrite SC|FOCUSRITE Red 2 & Red 3 Plug-in Suite|FOCUSRITE Hitmaker Expansion

 Clarett+シリーズは、オール・アナログ方式のマイクプリを搭載したオーディオI/O。高ヘッドルーム、低歪み、低ノイズでクリアな録音を実現する。名機ISA 110をエミュレートし、オンにすることでサウンドに輝きと存在感を与えるAir機能も特徴だ。Clarett+ 2Preは10イン/4アウトでマイクプリを2基搭載、Clarett+ 4Preは18イン/8アウトでマイクプリを4基搭載、Clarett+ 8Preは18イン/20アウトでマイクプリを8基搭載している。サンプリング周波数やクロック・ソース、アウトプット・ルーティングなどの設定が行えるソフトFocusrite Controlも付属。

IK MULTIMEDIA Axe I/O / Axe I/O Solo

IK MULTIMEDIA Axe I/O / Axe I/O Solo

価格:オープン・プライス
対応OS:Mac|Win
バンドルソフト:AmpliTube 4 Deluxe|T-RackS 5のギア10種類|ABLETON Live 10 Lite

 Axe I/Oは、ギタリスト向けオーディオI/O。2イン/5アウト仕様で、ギター録音に役立つさまざまな機能を搭載している。プリアンプは、サウンドのキャラクター違いで2つのモードを装備。ピックアップ・セレクターもPASSIVEとACTIVEが用意されている。求めるサウンドに合わせて入力インピーダンスを2.2KΩから1MΩの間で連続的に調整可能なZ-Tone回路もユニークだ。AMP OUTを備えているので、録音したギターをアンプやストンプに接続してリアンプも可能。より小型な筐体で2イン/3アウト仕様のAxe I/O Soloもラインナップ。

NATIVE INSTRUMENTS Komplete Audio 1 / Komplete Audio 2 / Komplete Audio 6

NATIVE INSTRUMENTS Komplete Audio 1 / Komplete Audio 2 / Komplete Audio 6


価格:Komplete Audio 1:10,800円、Komplete Audio 2:13,800円、Komplete Audio 6:25,850円
対応OS:Mac|Win
バンドルソフト:Monark|Phasis(Komplete Audio 6はMod Pack)|Replika|Solid Bus Comp|Maschine Essentials|ABLETON Live 11 Lite|Traktor LE 3(Komplete Audio 6のみ)|Guitar Rig 6 LE

用途に応じて3タイプの接続端子が選べるコンパクトなオーディオI/O

 パソコンへの録音やライブ・パフォーマンスに使用できる、最高24ビット/192kHz対応のコンパクトなオーディオI/O。用途に応じて3タイプから選べる。

 Komplete Audio 1は、XLRとフォーンの入力端子を搭載。ボーカルにはXLR端子、ギターやそのほかのライン入力にはフォーン端子と、弾き語りなどの同時レコーディングにも適している。出力はRCAピンを装備。Komplete Audio 2は、XLR/フォーン・コンボ入力端子を2つ搭載。アコギなどのM/S録音やシンセなどのステレオ録音に最適だ。出力には2つのフォーン端子を備えており、スタジオ・モニターやライブPAシステムへの出力といった使い方ができる。

 Komplete Audio 6は、XLR/フォーン・コンボ入力端子など4つのアナログ入出力、2つのデジタル入出力、個別に音量調整が可能な2つのヘッドフォン出力、MIDI入出力など豊富な入出力端子を装備した6イン/6アウト・モデル。コライトにも対応できるスペックを備える。

 3機種ともにUSBバス・パワーで駆動。録音中にオーディオ・プレイバックをブレンドするダイレクト・モニタリング機能を備えており、大型のボリューム・ノブやレベル・メーターといったインターフェースも使い勝手が良い。

PRESONUS Studio 24c / Studio 26c / Studio 68c / Studio 1810c

PRESONUS Studio 24c / Studio 26c / Studio 68c / Studio 1810c

価格:オープン・プライス(市場予想価格/Studio 24c:18,700円前後、Studio 26c:24,200円前後、Studio 68c:37,400円前後、Studio 1810c:51,700円前後)
対応OS:Mac|Win|iOS|Android
バンドルソフト:Studio One Artist|Studio Magicプラグイン・スイート

用途に応じて入出力数が選べるUSB-C対応のオーディオI/O

 人気オーディオI/O、StudioシリーズのUSB-C採用モデル、Studio USB-Cシリーズ。いずれも24ビット/192kHzに対応、MIDIインターフェースも備えている。黒と青の筐体に、同社独自のXMAX回路によるクラスAプリアンプを搭載。ハイエンドなAD/DAコンバーターとともに高品位なサウンドを実現している。

 各入出力は最高114dBのダイナミック・レンジを提供し、複雑な倍音成分を自然にとらえ、音にひずみを生じさせない。最小モデルStudio 24c以外はDCカップリングのライン出力に対応しているので、モジュラー・システムとの連携も可能だ。また、Studio 24c以外に備わったキュー・ミックスA/B機能では、ヘッドフォンでのモニタリング中に2種類のミックスを切り替えることができるので、DJやライブでのモニター・ミックスの確認にも有用だろう。

 ここで紹介する2イン/2アウトのStudio 24c、2イン/4アウトのStudio 26c、6イン/6アウトのStudio 68c、18イン/8アウトのStudio 1810cのほか、18イン/18アウトのStudio 1824cも用意されている。DAWのStudio One Artistと、19種類のソフトとコンテンツを収録したStudio Magicプラグイン・スイートも付属している。

PRESONUS AudioBox 96 Studio Ultimate Bundle

PRESONUS AudioBox 96 Studio Ultimate Bundle

価格:オープン・プライス(市場予想価格/39,600円前後)
対応OS:Mac|Win|iOS|Android
バンドルソフト:Studio One Artist|Studio Magicプラグイン・スイート

オーディオI/Oを中心にDAWやスピーカー、マイクやヘッドフォンまでそろうパッケージ

 AudioBox 96 Studio Ultimate Bundleは、オーディオ/MIDIインターフェース、DAW、モニター・スピーカー、コンデンサー・マイク、ヘッドフォン、各種ケーブルを1セットにしたDTMパッケージだ。

 AudioBox USB 96は、シンプルさが魅力のコンパクトなオーディオ/MIDIインターフェース。2系統のコンボ入力やゼロ・レイテンシー・モニタリング機能など、レコーディングに必要なベーシック機能を搭載している。24ビット/96kHzのオーディオ・クオリティを備えながら、軽量かつタフでUSBバス・パワー駆動にも対応し、可搬性に優れる。DAWはStudio Oneを用意。素早くアイディアを形にできるユーザー・インターフェースが高い評価を得ている。強力なオンライン・コミュニティがあり、世界中からアドバイスを得られるのも特徴と言えるだろう。

 スピーカーはEri s E3.5。タイトな低域と、クリアな高域の2ウェイで正確なモニタリング環境を提供してくれる。マイクはコンデンサー型のM7。大型ダイアフラムを搭載し、温かいサウンドが特徴だ。ボーカルや楽器に幅広く使用できる。ヘッドフォンはHD7で、サウンドのディテールをとらえる解像感はミックス作業に最適だ。

RØDE MICROPHONES NT1 + AI-1 Complete Studio Kit

RØDE MICROPHONES NT1 + AI-1 Complete Studio Kit

価格:58,850円

買ってすぐにレコーディングが始められるコンデンサー・マイクとオーディオI/Oのセット

 NT1 + AI-1 Complete Studio Kitは、NT1マイクに、オーディオI/OのAI-1、取り外し可能なポップ・シールド付きショック・マウント、マイク用XLRケーブル、オーディオI/Oとパソコンを接続するためのUSBケーブルをセットにした、レコーディングのためのオールインワン・キット。

 NT1は、RYCOTE製のライヤー・システムを採用したショック・マウントを世界で初めて本体内部に搭載したコンデンサー・マイク。指向性はカーディオイドだ。外部振動を抑制し、セルフ・ノイズも4.5dBAに抑えられている。情報量の多い中域と、滑らかな高域、温かく丸みのある低域が特徴だ。

 AI-1は、最大24ビット/96kHzに対応する1イン/2アウトのオーディオI/O。付属のUSBケーブルをパソコンに接続すれば、特別なドライバーは不要で使用可能となる。ファンタム電源搭載のプリアンプを1基備え、入力端子はXLRとTRSフォーンのコンボ・ジャック、出力端子はTRSフォーン×2という仕様。遅延なく音声をモニタリングできるダイレクト・モニター機能も搭載している。購入後に登録することで、DAWソフトウェアのAbleton Live Liteが無料でダウンロードでき、すぐに録音が始められる。

UNIVERSAL AUDIO Volt 1 / 2 / 176 / 276 / 476

UNIVERSAL AUDIO Volt 1 / 2 / 176 / 276 / 476

価格:Volt 1:17,050円、Volt 2:23,100円、Volt 176:30,800円、Volt 276:36,850円、Volt 476:45,100円
対応OS:Mac|Win|iOS
バンドルソフト:SOFTUBE Marshall Plexi Classic Amp Bundle|ABLETON Live 11 Lite|CELEMONY Melodyne Essential|PLUGIN ALLIANCE Ampeg SVT-VR Classic Bass Bundle|RELAB DEVELOPMENT LX480 Essentials|UJAM Virtual Drummer Deep|UJAM Virtual Bassist Dandy|SPITFIRE AUDIO Labs

UNIVERSAL AUDIO伝統のサウンドを受け継ぐシンプルなオーディオI/Oシリーズ

 Voltは、用途に応じて5モデルから選べるUSBオーディオI/Oシリーズ。最高24ビット/192kHzに対応し、ポッドキャスト制作者やミュージシャン、ソングライターにハイ・クオリティなサウンドを提供する。iPhoneやiPadに接続して使うこともできる。また、本格的なDAWやプラグイン・エフェクトがバンドルされているのもうれしいところだ。

 ベーシック・モデルとなる1イン/2アウトのVolt 1と2イン/2アウトのVolt 2は、UNIVERSAL AUDIOが誇るビンテージ・マイクプリを再現したモードを活用し、ボーカルやギターを豊かなサウンドで録音できる。操作性はシンプル。マイクや楽器をフロント・パネルに接続し、あとはスピーカーやヘッドフォンを接続するだけで、レイテンシーなしのオーディオ・モニタリングが可能となる。

 3桁型番のモデルは、さらにUNIVERSAL AUDIOの名機1176をベースにしたアナログ・コンプ回路でサウンドにパンチと存在感をもたらす。ボーカル、ギター、シンセ、リズム・マシンなどに適した3つのプリセットも便利だ。1イン/2アウトのVolt 176、2イン/2アウトのVolt 276、4イン/4アウトのVolt 476をラインナップ。堅牢なメタルと木製サイド・パネルの組み合わせも高級感がある。

ZOOM R20[マルチトラック・レコーダー]

ZOOM R20

価格:オープン・プライス(市場予想価格/50,000円前後)

タッチ・スクリーンでの操作が可能な多機能マルチトラック・レコーダー

 R20は、6つのXLR入力と2つのコンボ入力を搭載し、8トラック同時録音/16トラック同時再生が可能なマルチトラック・レコーダー。4.3インチのカラー・タッチ・スクリーンLCDを備え、メニューの設定や編集作業も指先1つで行える。タッチ・スクリーンに表示される各トラックの色と、チャンネル・フェーダー、ゲイン・ノブの色を合わせ、直感的な操作性を提供している。

 各トラックに3バンドEQ、コンプレッサー/リミッタ/ノイズ・ゲートなどスタジオ品質のダイナミクス系エフェクトを搭載。さらに、Mac/PC用アプリGuitar Lab対応のマルチエフェクトを内蔵し、ギター/ベースのアンプ・モデリングやルーム/ホールのリバーブを利用できる。30種類のジャンルに対応し、イントロやサビなど曲の構成別に選べるリズム・ループを150種類内蔵。ドラッグ&ドロップで並べていくだけで、リズム・トラックを構築できるのも特徴だ。

 また、18種類のシンセ音源を内蔵しており、USB-Cで接続したMIDIキーボードやタッチ・スクリーン上のピアノロール入力で、音を鳴らしたり録音したりできる。オプションのBluetoothアダプター(BTA-1)を利用することでiOSアプリからのリモート・コントロールも可能となる。

TWO NOTES Torpedo Captor X[ロード・ボックス]

TWO NOTES Torpedo Captor X

価格:オープン・プライス(市場予想価格/70,950円前後)

 Torpedo Captor Xは、スピーカー・シミュレートも可能なロード・ボックス/アッテネーター。キャビネットをつながず真空管アンプを演奏でき、ヘッドフォンでモニター可能。アッテネーターでは、2段階でキャビネットからの音量を小さくできる。スピーカー・シミュレート機能においては、本体内にあらかじめ32個のバーチャル・キャビネットを備えており、さらにマイクは全8本から最大2本を選んで好きな場所に設置可能。また、本体内に最大で512個のIRを読み込める。ノイズ・ゲート、EQ、エンハンサー、リバーブ、ツイン・トラッカーも搭載している。

サンレコ・ビギナーズ|音楽制作に役立つ初心者ガイド

関連記事