タイプ別おすすめMIDIコントローラーとソフト音源&エフェクトを紹介!

f:id:rittor_snrec:20210216155830j:plain

パソコンの画面上だけでなく“楽器のようにフィジカルにDAWを操作したい!”という人も居るでしょう。そこで、直感的な操作を実現するMIDIコントローラーをタイプ別に紹介。代表的なキーボード型からパッド型、フェーダー型などその種類はさまざまです。さらに、音楽制作の表現を広げるソフト音源やエフェクト、ハードウェアなども紹介していきます。

文:サウンド&レコーディング・マガジン編集部 イラスト:のぶゴリラ

 

MIDIコントローラーや音源&エフェクトで向上する音楽制作

f:id:rittor_snrec:20210216201725j:plain

1. パッド搭載型

 大型のパッドをメインとするタイプ。パッドは押し心地が柔らかいため、ドラムやパーカッションの演奏/打ち込みに便利です。近年はフィンガー・ドラミングなどでも多用され、制作だけでなくライブ・パフォーマンスなどでも使われます。

 

2. ファンクション型

 再生/停止/早送り/早戻し/録音/ループなどのトランスポート・コントロールや、画面の拡大/縮小、またはDAWのチャンネル・ストリップやプラグイン・エフェクトの各パラメーターなどをフィジカルに操作できるタイプ。フェーダーを搭載する機種もあり、DAWとのコンビネーションでより効率的なワークフローを実現できます。

 

3. キーボード型

 鍵盤をメインとするタイプで、メロディの演奏や打ち込みに特化。MIDIキーボードやMIDI鍵盤、キーボード・コントローラーなどと呼ばれ、小さなモデルなら25鍵、大きな機種になるとグランド・ピアノと同じ88鍵のものまでバラエティ豊富なラインナップです。また、このキーボード型にパッドやフェーダー、ノブなどをフル搭載したハイブリッド型も人気。近年では、複数のパラメーターを同時に変化させられるMPEコントローラーなども登場しています。

 

4. フェーダー搭載型

 フェーダー主体のタイプで、DAWのミキサー画面をハードウェアのミキサーのように操作できます。ムービング・フェーダー搭載なら、画面上の値にコントローラーが追従。パンやソロ/ミュート、トランスポートなどを制御できる機種もあります。

 

5. プラグイン

 DAWには“プラグイン”と呼ばれるインストゥルメント(ソフト・シンセ、ソフト・サンプラー)やエフェクトが付属し、それらだけでも制作は十分可能です。しかし、多くのメーカーからリリースされているプラグインを購入して音作りの幅を広げることもできます。プラグインは“VST”や“AU”“AAX”といった規格があるため、購入時は自身のDAWがサポートしているかどうかを確認しましょう。

 

ARTURIA KeyStep 37

25,000円

f:id:rittor_snrec:20210216202425j:plain

多彩なコントロール機能を備えた
37スリム鍵盤仕様のMIDIキーボード

 KeyStep 37は、37のスリム鍵盤を備えたMIDIキーボード。ベロシティ、アフタータッチに対応し、各キーの上にLEDを装備することでアルペジエイターやスケールについてビジュアル・フィードバックが得られる。アルペジエイターは、アップ、ダウン、インクルーシブ、エクスクルーシブ、ランダム、ウォーク、パターン、オーダーと8つのモードを搭載。1ステップにつき最大8ボイスのポリフォニック64ステップ・シーケンサーも備えている。1つの鍵盤を押すことでコードが鳴らせるコード・プレイ・モードには12種類のコード・タイプを用意。奏法によって鳴り方に変化が与えられるストラム・コントロールでユニークなコード・プレイが可能となる。スケール・モードを使えば、コードを外さずに演奏できるのもうれしい。また、4つの切替可能なバンクにまたがる16の割り当て可能なMIDI CCパラメーターを使用して、ハードウェアとソフトウェアをコントロールできる。USB、MIDI、CV/GATEといったインターフェースを備え、コンピューターやあらゆるタイプのシンセサイザーにつながる接続性の良さも特徴だ。ABLETON Live Liteのライセンスも付属しているので、購入して即、音楽制作を始められるだろう。

 

ICON Platform Nano / M+ / X+ / B+

Platform Nano:18,000円、Platform M+:36,000円、Platform X+:32,000円、Platform B+:13,200円

Mac|Win

f:id:rittor_snrec:20210216203626j:plain

左上から時計回り、Platform Nano、Platform M+、Platform B+、Platform X+

DAWをより直感的に扱うための
MIDIコントローラー・シリーズ

 ICONが手掛ける、DAWを操作するためのMIDIコントローラー、Platformシリーズ。

 Platform Nanoは、モーター内蔵の100mmフェーダーと5つのノブ、チャンネル名やパラメーター値を表示するバック・ライト付きLCDディスプレイを備えたコントローラー。各ボタンの役割と配置も理解しやすく、制作をスマートにアシストしてくれる。別売りのLCDモジュールPlatform D2を使えば、さらに多くのトラック名やパラメーター名を表示させることが可能だ。Bluetoothで接続できるPlatform Nano Air(23,500円)もラインナップされている。

 Platform M+は、モーター内蔵&タッチ・センス付きチャンネル・フェーダー8本とマスター・フェーダー1本を中心に、ジョグ・ホイールやノブ、ボタンを備えたコントローラー。DAWだけでなく照明システムの操作にも有用だ。拡張用のPlatform X+を最大3台併用することで合計32chまで同時に扱える。

 Platform B+は、50個の自照式ファンクション・ボタンを備えたコントローラー。Mackie Control、HUIプロトコル、またはユーザー設定により、あらゆるDAWに対応可能。Platform M+との同時使用や、スタンドアローンでも機能する。

 

IK MULTIMEDIA iRig Keys 2 / iRig Keys 2 Pro / iRig Keys 2 Mini

オープン・プライス(市場予想価格/iRig Keys 2:18,000円前後、iRig Keys 2 Pro:20,000円前後、iRig Keys 2 Mini:13,500円前後)

Mac|Win|iOS|Android|バンドルソフト[SampleTank 4 SE]

f:id:rittor_snrec:20210216204127j:plain

左上から時計回り、iRig Keys 2、iRig Keys 2 Mini、iRig Keys 2 Pro

パソコンやタブレット/スマホと接続可能
ヘッドフォン出力も搭載したMIDIキーボード

 iRig Keys 2は、同梱のUSB、Lightningケーブルにて直接パソコンやタブレット、スマホと接続して使用できるMIDIキーボード。ヘッドフォン端子を備えているので、パソコンやスマホからの出力音声をiRig Keys 2でモニタリングできるのが特徴だ。MIDI端子も装備しているので、MIDIに対応したハードウェア・シンセなども直接演奏できる。パソコンやスマホからの電源供給が可能なため、さまざまな場所や環境での使用が可能となる。コンパクトなボディに、ベロシティ対応の37鍵ミニ鍵盤、2つのホイール、プッシュ操作に対応したデータ・エンコーダー、8つのパラメーターをアサイン可能なノブなどを装備。エディット・モードでは、キーのトランスポーズやベロシティ感度の設定、MIDIチャンネルの変更やノブのカスタマイズなど、数多くの設定が行える。編集した設定は保存でき、SETボタンでいつでも呼び出すことが可能だ。ラインナップとして、フルサイズ鍵盤バージョンのiRig Keys 2 Pro、ベロシティ対応25鍵ミニ鍵盤を採用し、省スペースに特化したiRig Keys 2 Miniが用意されている。付属ソフトとして、2,000種類のインストゥルメントを収録するSampleTank 4 SEがバンドルされている。

 

NATIVE INSTRUMENTS Maschine+ / Maschine MK3 / Maschine Mikro MK3

Maschine+:136,182円 / Maschine MK3:68,909円、Maschine Mikro MK3:29,818円

Mac|Win

f:id:rittor_snrec:20210216204506j:plain

左上から時計回り、Maschine+、Maschine MK3、Maschine Mikro MK3

スタンドアローン対応モデルも登場
直感的な操作が可能なトラック・メイキング・ツール

 直感的なトラック・メイキング環境を提供するグルーブ・プロダクション・システム、Maschineシリーズ。Maschine+ではスタンドアローン・モードを搭載し、パソコンと接続せずに単体で制作を行えるようになった。また、9種類のシンセとサンプリングされたインストゥルメント、35種類のエフェクト、7つのExpansions(ジャンルに特化した音源拡張パック)が付属するのも特徴だ。サンプリング機能が強化されたのもうれしいところ。取り込んだサンプルはチョップやタイム・ストレッチを施して編集できる上、プラグインを使って音の加工も可能だ。保存したデータをパソコン上のMaschineソフトで起動すれば、同じ場面から作業を再開できる。同社のKomplete Audioシリーズと接続すれば、入出力数の拡張やコンデンサー・マイクの使用も可能になる。Maschine MK3はソフトとハードのシームレスな連携により、ビートやメロディが作成できる。サンプルなどを収めた8GBのMaschineライブラリーのほか、45GBのKomplete 13 Select、25種類のエフェクトが付属。Maschine Essentialsに加え、Massiveなど3種類のシンセが付属し、携帯性に優れたMaschine Mikro MK3も用意する。

 

NATIVE INSTRUMENTS Komplete Kontrol M32

14,364円

Mac|Win

f:id:rittor_snrec:20210216204810j:plain

 Komplete Kontrol M32は、32鍵仕様のコンパクトなMIDIキーボード。8つのタッチ・センサー式コントロール・ノブをはじめ、再生や一時停止、録音、クオンタイズ、ループなどDAWのコントロールが可能なスイッチ類、指でなぞることで表現の幅を広げるタッチ・ストリップなどを搭載する。コード、スケール、アルペジオなどを簡単に演奏できるSmart Play機能も備えている。M32から直接音色やエフェクトのブラウズが行えるKomplete Kontrolソフトウェアのほか、音源やエフェクト、DAWも付属しているので、すぐに音楽制作を始めることが可能だ。

 

NEKTAR TECHNOLOGY Aura

45,000円

f:id:rittor_snrec:20210216205027j:plain

 Auraは、ビート・メイキングに適したMIDIコントローラー。RGBイルミネーション付きの16パッドやパッド・リピート機能を駆使してビートを演奏し、DAWにレコーディング可能。ステップ・シーケンサーも内蔵しているため、本体に直接ビートをプログラムし、エディットすることができる。さらに、VSTやAUといったインストゥルメントやエフェクト・プラグインのコントロールもディスプレイの情報を見ながらスムーズに行え、制作環境にリズム・マシン・スタイルのワークフローをもたらしてくれる。

 

NEKTAR TECHNOLOGY SE25 / SE49 / Impact LX25+ / GX49 / GX61

SE25:6,800円、SE49:10,800円、Impact LX25+:14,000円、Impact GX49:14,000円、Impact GX61:17,000円

f:id:rittor_snrec:20210216205241j:plain

鍵盤数やコントロール機能のバリエーションが豊富で
制作を快適にしてくれるMIDIコントローラー

 SE25は、ミニ25鍵と6つのコントロール・ボタンを備えたMIDIキーボード。モバイルに適したサイズながら、鍵盤は3種類のベロシティに対応。ユニークなのが“2”と印字されたボタン。このボタンを押している間は、別のオクターブを演奏できたり、レイヤーを加えたり、別のMIDIチャンネルに切り替えたりすることが可能で、もう1台のSE25使っているような感覚を与えてくれる。ベロシティ対応のフル・サイズ49鍵を備えたSE49は、より本格的な仕様。ホイールやフェーダーも搭載している。

 Impact LX25+は、豊富なパッド&ノブ・コントロールを装備し、DAWインテグレーションを重視したMIDIキーボード・コントローラー。打ち込みを中心とした環境を想定し、コンパクトさを追求した。アサイナブル・ボタンを廃してスライダーも1本にすることで、デスクトップでも場所を取らずに設置できる省スペースを実現する。一方Impa ct GXシリーズはキーボードに重点を置いたデザイン。49鍵のGX49と61鍵のGX61がラインナップされており、それぞれベロシティ対応シンセ・アクション鍵盤を搭載する。また、4種類のベロシティ・カーブと3種類の固定ベロシティを備えている。

 

PRESONUS Atom

オープン・プライス(市場予想価格/18,000円前後)

f:id:rittor_snrec:20210216205524j:plain

トラック・メイキングやパフォーマンスに活用できる
16パッド搭載のMIDIコントローラー

 Atomは、トラック・メイキングやパフォーマンスに活用できる16パッド搭載のMIDIコントローラー。パッドはベロシティ/プレッシャー・センシティブ対応で、ループやエフェクトをトリガーしたり、バーチャル・インストゥルメントでリズムやメロディを奏でたりできる。8つのアサイナブル・パッド・バンクも搭載。MIDIキーボード・モード、ノート・リピート・モード、フル・ベロシティ・モードによってインストゥルメントをコントロールでき、プログラム可能な4基のロータリー・エンコーダーと20基のアサイナブル・ボタンを使用して、パラメーターを自在に操ることも可能だ。

 本機はさまざまなDAWに対応するが、バンドルされているStudio One Artistとの連携はより直感的なものとなっており、ソフト音源をブラウズしてセッションに追加、インストゥルメント・プリセットを変更、ループ位置を作成しタイムラインをナビゲート、ソングのテンポを変更、MIDIイベントの編集およびクオンタイズ、タイムラインまたはイベントのズーム・イン/ズーム・アウトといったことが本機側から行える。

 パフォーマンスにおいては、パッドのカーブとプレッシャーを調整し、パッド・バンクを活用することで多彩な演奏を行えるだろう。

 

PRESONUS FaderPort

オープン・プライス(市場予想価格/22,000円前後)

f:id:rittor_snrec:20210216205800j:plain

 FaderPortは、100mmストロークのタッチ・センシティブ・モーター・フェーダーや多数の機能をカバーする各種ボタンを、デスクに収まるコンパクトなシャーシに統合したMIDIコントローラー。再生/停止/早送り/早戻し/録音/ループなどのトランスポート・コントロール、トラック・スクロール、チャンネル・バンキング、タイムライン・スクロール、水平ズーム、垂直ズームなどのナビゲーション・コントロールを集約的に提供してくれる。バンドルされるDAW、PRESONUS Studio One Artistとのコンビネーションで、素早く効率的なワークフローが手に入る。

 

KORG SQ-64

37,000円

f:id:rittor_snrec:20210216210012j:plain

8メロディ・トラックと16リズム・トラックを操れる
コンパクトなステップ・シーケンサー

 SQ-64は、8ボイス・ポリフォニックのメロディ・トラックを3つと、16のモノフォニック・リズム・トラックを備えたステップ・シーケンサー。スタンドアローンで使用できるほか、MIDI/CVを介してあらゆるアナログ/デジタル機材と接続し、それらをコントロール可能。64個のパッド、大型のノブ、クリアなOLEDディスプレイがもたらす直感的な操作性も魅力だ。3つのメロディ・トラックはそれぞれ16個のシーケンス・パターンを持ち、最大64ステップまで入力可能。リズム・トラックは16のサブ・トラック(パート)を備え、それぞれ最大64ステップを記録できる。

 またこれらを用いてさまざまな演奏、エディット、同期も楽しめる。メロディ・トラックのシーケンスは3種類(ゲート、ピッチ、モジュレーション)の編集が可能で、シーケンサーから発信される信号を自由自在に操作できる。リズム・トラック出力は、接続されているリズム・マシンの極性やパルス電圧の調整も可能だ。64個のパッドはキーボードとしても使用でき、レイアウトは3種類のモードから選べる。スケールも変更でき、設定に応じて64個のパッドの表示が変わるため、直感的にキーボードを操作できるだろう。

 

ARTURIA V Collection 8

オープン・プライス

f:id:rittor_snrec:20210216210307j:plain

4つの新たなインストゥルメントを加え
より強力になったソフトウェア音源

 V Collection 8は、プロの現場で高い人気を誇るソフトウェア音源集の最新バージョン。新しく4つのタイトルを加え、計28種類のインストゥルメントを収録している。新たに追加されたのは、芳醇なポリフォニック・サウンドを持つシンセJun-6 V、ビンテージなサンプリング・サウンドが魅力のEmulator II V、古きよき音作りのマナーを踏襲したVocoder V、モデルとなった実機をも凌駕するパワフルなアナログ・サウンドのOB-XA V。これだけでなく、前のバージョンに収録されていたタイトルにもアップデートが施されている。Stage 73 Vには、新たに手を加えた物理モデリング・エンジン、新しい出力回路エミュレーション、新たなRhodesモード、フェイザーとワウ・エフェクトを含むペダル・リグを追加。Jup-8 Vには、DSPモデリング、音のディスパージョン、パン・スプレッド、拡張されたアルペジエイター、全く新しいサウンド・エンジンが搭載された。Analog Lab Vでは、より効率的なインターフェース、改善されたインストゥルメント/プリセット・ブラウジング、強化されたFXパフォーマンスといった進化が見られる。すべてのインストゥルメントに共通する実機さながらの画面も魅力だ。

 

IK MULTIMEDIA Modo Drum / Modo Bass

Modo Drum:299.99ユーロ、Modo Bass:299.99ユーロ

f:id:rittor_snrec:20210216210658j:plain

Modo Drum(左)、Modo Bass

楽器を構成する要素や奏法をモデリング
リアルタイムで音響合成を行うドラム&ベース音源

 ボディの材質やパーツなど楽器を構成する要素、その相互作用、奏法などをモデリングしたものを基に、リアルタイムな音響合成を行うフィジカル・モデリング技術を採用したソフト音源。ドラム専用音源Modo Drumは、スタイルやジャンル、年代に応じて用意された10種類のドラム・キットを選択し、キットを構成する楽器の追加や削除、形状のカスタマイズ、材質のエディットなどを行うことで好みのキットを作り上げることが可能。PLAY STYLEセクションでは、ドラマーがどのように演奏するかもコントロールできる。さらに、演奏を行う場所を設定することで、その場の環境との相互作用による残響も調整可能となっている。

 一方Modo Bassは、ボディや弦、ピックアップといったベースを構成するもののほか、アンプやエフェクト、奏法に至るまで、ベース演奏にかかわるさまざまな要素を設定可能。14種類の代表的なベースがモデリングされており、それらを基準に好みに応じてカスタマイズできる。また、重要なパラメーターをリアルタイムにMIDIコントロールすることも可能で、ビブラートの度合い、シングル・ノートとコードの切り替え、奏法の変更といったことが行える。

 

IK MULTIMEDIA AmpliTube 5

AmpliTube 5 :199.99ユーロ、AmpliTube 5 Max: 599.99ユーロ

f:id:rittor_snrec:20210216211222j:plain

 世界中で愛用されているギター/ベース・アンプ・エフェクト・ソフトウェア。各スピーカー600個ものインパルス・レスポンスを採集することで、キャビネット、フロア、マイク配置の相互作用が忠実にモデリングされた。IRの読み込みにも対応。FENDERやMESA/BOOGIEといったブランド、スラッシュやブライアン・メイといったアーティストとの共同開発によるアンプ、キャビネット、スピーカー、マイク、ルーム、ラック400種以上を収録したAmpliTube 5 Maxと、新しいアンプ5機種を含む170種以上を収録したAmpliTube 5を用意。

 

IK MULTIMEDIA T-RackS 5

T-RackS 5 :149.99ユーロ、T-RackS 5 Max: 499.99ユーロ

f:id:rittor_snrec:20210216211449j:plain

 T-RackS 5は、アナログ・マスタリング機器の回路をモデリングしたマスタリング・ソフト。本バージョンでは、最高32ビット浮動小数点/192kHz対応の新エンジンを搭載。コンプ/リミッターやEQなど4つの新しいモジュールが追加され、合計38種類のモジュールが使用可能となった。最大16個のモジュールをシリアル/パラレル接続してシステムを構成することができる。スタンドアローンもしくはプラグインとして使用できるほか、各モジュールは単体プラグインとしても起動可能。世界のトップ・エンジニアによるプリセットも用意されている。

 

IK MULTIMEDIA SampleTank 4

SampleTank 4 Max:499.99ユーロ、SampleTank 4:299.99ユーロ、SampleTank 4 SE:149.99ユーロ

f:id:rittor_snrec:20210216211711j:plain

 SampleTank 4は、生楽器からシンセ・サウンドまで含む膨大なサウンド・ライブラリーやエフェクト、MIDIパターン、ループ素材などを備えたソフト音源。検索性の高いブラウザーで好みのサウンドを探し出し、ベロシティ・レイヤーやスプリット・ポイントを設定して複数のサウンドを組み合わせることも可能だ。アルペジエイター、ストラマー、フレーザー、ループ・マネージャーといったPlayer機能を使用することで動きのある演奏表現も行える。8,000種類のインストゥルメントを収録するSampleTank 4 Maxをはじめ、3つのモデルをラインナップ。

 

NATIVE INSTRUMENTS Traktor DJ 2

無料

f:id:rittor_snrec:20210216211931j:plain

 Traktor DJ 2は、パソコンおよびiPadで使える無料のDJソフト。NATIVE INSTRUMENTSの対応DJコントローラーで操作できるのはもちろん、iPadではタッチ操作にも対応する。各チャンネルにはEQやフィルターを備えており、テンポを自動的に合わせてくれるシンク機能やエフェクト、トラックのレコメンド機能が導入されている。Mix Recorder機能を使えば、DJミックスを保存可能。iPadバージョンでは、波形の一部をフリーズさせ、タップしてインストゥルメントのようにリアルタイム演奏できる機能も備えている。

 

NATIVE INSTRUMENTS Komplete 13 Series

Komplete 13 Select:23,455円、Komplete 13:65,818円、Komplete 13 Ultimate:131,273円、Komplete13 Ultimate Collector's Edition:186,182円 ※それぞれアップデート、アップグレード版も用意

f:id:rittor_snrec:20210216212357j:plain

左から、Komplete 13 Select、Komplete 13、Komplete 13 Ultimate、Komplete13 Ultimate Collector's Edition

NATIVE INSTRUMENTSの音源/エフェクトから選りすぐった
世界中で愛用される音楽制作パッケージ

 Komplete 13シリーズは、同社が誇る音源/エフェクトのほか、ジャンル別の拡張音源Expansionsから選りすぐりのタイトルを集めた音楽制作パッケージだ。ビギナー向けのセットであるKomplete 13 Selectは、ウェーブ・テーブル・シンセMassive、アナログ・モノ・シンセMonark、ポリフォニック・シンセReaktor Prism、シンセ・コレクションReaktor Factory Selectionという4つのシンセ、Vintage Organsなど10のサンプリング音源、多機能リバーブRaumなど4つのエフェクト、5つのExpansions(ジャンルに特化した音源拡張パック)を収録。ビギナー向けとはいえ、楽曲制作に必要なものは十分にそろっている。

 Komplete 13は、68の音源/エフェクトと24のExpansionsを収録。Komplete 13 Ultimateは、118の音源/エフェクトと39のExpansionsを含むコレクションだ。最上位モデルKomplete 13 Ultimate Collector's Editionは、122の音源/エフェクトと73のExpansionsを収録。上位モデルへのアップグレードも用意されているので、ビギナーはKomplete 13 Selectから必要に応じてステップ・アップしていくのもいいだろう。

 

SOFTUBE Amp Room

9,000円

f:id:rittor_snrec:20210216212603j:plain

往年の名機をモデリングしたアンプやキャビネット
ペダル・エフェクトを自由に組み合わせて使用可能

 Amp Roomは、モデリングされたギター/ベース用のアンプやキャビネット、ペダル・エフェクトなどを組み合わせて使用できるソフトウェア・プラットホーム。MARSHALL JCM800をはじめとするアンプ6種、複数のマイキング・オプションに対応するキャビネット16種、ディストーションから空間系までを網羅したペダル・エフェクト10種、スタジオ・エフェクト3種、ユーティリティ・モジュール8種、さらに多彩なマイキングと260以上のプリセットを備えており、幅広いスタイルとジャンルに対応する。信号経路のどこにでも、あらゆる種類のツールをパッチング可能で、ハードウェアでは困難、あるいは不可能なセットアップを構築できる。また、優れた拡張性も特徴で、互換性のある拡張機能やプラグインをいつでも追加可能となっている。例えば、Marshall Cabinet CollectionはAmp Room専用にデザインされたアドオンだ。アンプ・プラグインMarshall Plexi Super LeadやEden WT800などは、ロードしてアンプ・ヘッドとキャビネットを別々のモジュールとして使用可能となっている。また、Trident A-Range EQ、Tube-Tech CL 1Bなどのミキシング・プラグインも順次対応予定だ。

 

CELEMONY Melodyne 5

Melodyne 5 Studio:100,000円、Editor:60,000円、Assistant:36,000円、Essential(ダウンロードのみ):9,000円

f:id:rittor_snrec:20210216212937j:plain

 Melodyneは、ピッチ/タイミング補正を中心としたオーディオ編集ソフト。レコーディング後のデータに対し、ボーカルの“この音をもう少しだけ長めに歌う”、ピアノの“和音の3度を少しだけ強めに弾く”というような、細かい調整ができる。多声オーディオ素材に含まれる各音の検出と編集も可能。直感的なインターフェースと優れた音質も評価が高い。バージョン5では、ボーカルに使用されるメロディック・アルゴリズムがノート内の非楽音成分(歯擦音など)と楽音成分を区別できるようになるなどの機能性における向上が図られている。

 

サンレコ・ビギナーズ|音楽制作に役立つ初心者ガイド

www.snrec.jp

www.snrec.jp

www.snrec.jp

www.snrec.jp

 

関連記事

www.snrec.jp

www.snrec.jp