INTERNET Ability 3.0 Proを簡単解説! お薦め機能&付属プラグインを多田彰文が紹介

f:id:rittor_snrec:20210113195306j:plain

豊富な種類のMIDIエディターを採用する
Windows専用の国産DAWソフト

【製品概要】

 国内メーカーのINTERNETによるWindows用DAW。Ability 3.0 Pro(パッケージ版:54,000円/ダウンロード版:38,000円)とAbility 3.0 Elements(パッケージ版:30,000円/ダウンロード版:22,500円)のほか、Ability 3.0 Proクロス・アップグレード版(パッケージ版:33,000円/ダウンロード版:26,000円)が用意されています。64ビット・エンジンによるクリアな音質が特徴で、Pro版なら最大16つのエフェクトを用いたかけ録りも可能。MIDIはリアルタイム入力、ステップ入力に加え、ピアノロールやステップエディタ、スコアエディタなどでも打ち込みができます。作成したMIDIデータは譜面化することも可能で、そのほかコード進行の作成などに役立つ“コードパッド”、オーディオ・データのスライスや再構築が行える“ビートエディタ”、さまざまな機能を1つの画面に集約して快適な制作環境を構築できる“ワンウィンドウ・モード”も搭載。バンドル・ソフトにはIK MULTIMEDIA SampleTank 4 SEとAmpliTube Metalが付属します(Pro版のみ)

f:id:rittor_snrec:20210115173958j:plain
f:id:rittor_snrec:20210115174008j:plain
Ability 3.0 Pro(左)、Ability 3.0 Elements

【動作環境】

Windows:Windows 7/8.1/10以降(32/64ビット、日本語版OSのみ対応)、INTELまたはAMDのデュアルコアCPU、8GB以上のRAM、60GB以上のディスク空き容量(Ability 3.0 Pro)、5GB以上のディスク空き容量(Ability 3.0 Elements)、解像度1,280×800以上のフル・カラー・ディスプレイ、VSTプラグインに対応 

 

多田彰文が語るAbility 3.0 Proのココが好き!

f:id:rittor_snrec:20210115174343j:plain

多田彰文

【Profile】「魔法つかいプリキュア!」「ポケットモンスター」「ガンパレードマーチ」の作曲や、新海誠監督×Z会のCM「クロスロード」の作詞/編曲など。さまざまな楽器の演奏や指揮者/司会者もこなす。

 

MIDI/オーディオ編集や各チャンネル制御など
まさに“自由自在のDAW”と言えます

 Abilityの最大の特徴は、ピアノロール、ステップエディタ、スコアエディタからMIDI入力が行える点。中でもスコアエディタでの入力のしやすさは特筆に値します。楽曲をスコアで確認したいとき、スコアの印刷などが必要な場合にも役立ちますね。もちろんピアノロールでのMIDI入力もスムーズ。コードの構成音やスケールノートで色分けができたり、複数パートのMIDI情報を1つのピアノロールで把握することも可能です。ショートカット・コマンドで、オクターブの変更なども容易に行えます。ステップエディタではティック単位での調整が可能なので、絶妙なドラム・パターンのタイミング編集にも使えるでしょう。

 

 各チャンネルには、EQ、コンプなど計5種類のエフェクトを装備。素早く音作りができます。また最上位エディションのAbility 3.0 Proにはインストゥルメントが13種類、プラグイン・エフェクトが57種類も付属しているため、購入後すぐに音楽制作を始めることができるでしょう

 

 さらにAbilityはVCAフェーダーを搭載。複数チャンネルの音量やパン、ミュート、オートメションなどをまとめて制御することが可能です。Channel Link機能を使えば、各トラックごとの設定も同時にコントロールできます。オーディオ・データのタイム・ストレッチやキー・チェンジも行え、まさに“自由自在のDAWソフト”と言えますね。

 

お気に入り機能1:メディアブラウザ

f:id:rittor_snrec:20210115174805j:plain

 楽曲制作用の素材を一括管理できます。約70ジャンル、4,100個のオーディオ素材と3,400個のMIDIデータの中から、気に入ったフレーズをソングにドラッグ&ドロップで使用可能です。オーディオ素材とMIDIデータは、楽曲のテンポと指定コードのルート音に追従します。ループ再生して曲のイメージを膨らませるのにも役立つでしょう。自分で作成したオーディオ/MIDIデータも追加ることができるため、よく使うものは登録しておくと便利です。

 

お気に入り機能2:コードパッド

f:id:rittor_snrec:20210115174843j:plain

 コード進行を悩んだ際に便利なのが、コードパッド。楽曲のキーと指定したコードを基準に、次に続く最適なコードをAbilityが自動的に色分け表示してくれます。色が濃いほど関係性が高く、薄いほど関係性が低いコードということになり、視覚的に理解することが可能です

 パッシング・ディミニッシュや代理コードも表示されるため、選択肢は広がります。コード名を右クリックするとコード音が鳴るため、イメージも湧きやすいでしょう。

 

お気に入り機能3:ビートエディタ

f:id:rittor_snrec:20210115174945j:plain

 ビートエディタは、オーディオ・データをアタック・ラインで自動的にスライスして表示してくれる機能。アタック・ラインを左右に動かすことで、収録したドラムはもちろん、ベースからギターやピアノまで、ありとあらゆるオーディオ・データのタイミング調整やグルーブ修正が行えます

 部分ごとにミュートしたり、ドラッグ&ドロップで組み替えることも可能です。アイディア次第では、思い付かないようなフレーズを生み出すこともできるでしょう!

 

Ability 3.0 Proのお薦め付属プラグインをピックアップ!

FXPANSION BFD Eco[ドラム]

f:id:rittor_snrec:20210115175113j:plain

 ドラムに特化したソフト音源は数多くリリースされていますが、より生ドラムの音を求めるのであればBFD Ecoがお薦め。ロック、ポップス、ジャズなど生ドラムを使用するさまざまな音楽ジャンルで活用できるでしょう。各パーツではオーバーヘッドやルームなど、アンビエンス・マイクの量を設定可能です。それぞれパラ・アウトすれば、さらに細かいミックスが行えます。すぐに使える1,500パターンのグルーブ・プリセットが用意されているのもうれしいですね!

 

IK MULTIMEDIA Amplitube Metal[アンプ・シミュレーター]

f:id:rittor_snrec:20210115175213j:plain

 クリーンやクランチ、オーバー・ドライブ、ディストーションなど、ハード・ロック、メタル系のジャンルに特化したエフェクトを搭載し、さまざまなギター・サウンドを作り出すことができます。アンプ・ヘッドやキャビネット、ストンプ、エフェクト・ラックを選択できるため、ギタリストの強い味方となるでしょう。Abilityのミキサーには、インサート・エフェクトにREC EFFECTを備えているため、かけ録りすることも可能です

 

Dynamic EQ[ダイナミックEQ]

f:id:rittor_snrec:20210115175326j:plain

 ダイナミックEQとは、入力レベルが設定したスレッショルドを上回る、または下回る際にEQがかかる仕組みのイコライザーのこと。Dynamic EQは5バンドを備え、サイド・チェイン機能も搭載しています。キックをトリガーにしたサイド・チェインをベースに設定すれば、キックが発音した際にベースがリダクションされるといった使い方などができるでしょう。ハウスなどのダンス・ミュージックでおなじみのサウンドですね!

 

IK MULTIMEDIA SampleTank 4 SE[マルチ音源]

f:id:rittor_snrec:20210115175428j:plain

 2,000種類のインストゥルメントと70種類のエフェクトを搭載したマルチティンバー音源。マルチティンバーとは、複数の音色を一度に発音できるということです。高品質なサンプルを多数収録しているため、生楽器をソフト・サンプラーで鳴らすときはSampleTank 4 SEをメインで活用するとよいでしょう。ドラム、シンセ、ストリングス、ブラスなど、どれもリアルなサウンドを楽しめます。LFOやフィルター、エンベロープなども内蔵しているので、音色のエディットも可能。楽曲に応じたサウンド・メイキングが行えます。

 

LINPLUG CRX4[シンセ]

f:id:rittor_snrec:20210115175509j:plain

 サンプラーをはじめ、オシレーターやウェーブテーブルなどマルチタイプの音源方式を搭載したシンセサイザー。どこからどこにモジュレーションをかけているのかを一目で確認できるモジュレーション・マトリクスや、アルペジエイターを内蔵しているので、複雑なサウンドを作り出すことが可能です。音源として使用するサンプルを指定範囲内でループさせたり、タイム・ストレッチできるのが面白く、自分はシンセ・パッドやリードなどに活用しています

 

INTERNET Ability 3.0 Pro 製品情報

www.ssw.co.jp

 

サンレコ・ビギナーズ|音楽制作に役立つ初心者ガイド

www.snrec.jp

www.snrec.jp

www.snrec.jp

www.snrec.jp

www.snrec.jp

www.snrec.jp

www.snrec.jp

www.snrec.jp

www.snrec.jp

 

関連記事

www.snrec.jp

www.snrec.jp

www.snrec.jp