一部の環境において、会員限定記事の表示がうまくいかない場合が報告されています。その場合、まずはブラウザを最新にアップデートした上、WindowsではCtrl+Shift+R、Macではcommand+shift+Rでの再読み込みをお試しください。また、ほかのブラウザの利用もご検討いただけましたら幸いです。

強力なモジュレーション機能を追加したBitwig Studio 5が発表。ベータ版公開中

Bitwig Studio 5 Teaser

 DAWソフトBitwig Studioの最新版、Bitwig Studio 5が発表された。モジュレーションの強化を中心に、クリップランチャーの改善、ブラウザー画面の刷新など、さまざまなアップデートが行われている。なお、発売は2023年第2四半期中を予定しているが、Bitwig Studioのライセンス所有&アップグレードプランが有効なユーザーは、自身のアカウントページからベータ版を入手できる。Mac/Windows/Linux対応。

任意のエンベロープが生み出せるMSEG

5つの新しいMSEG

5つの新しいMSEG

 Bitwig Studio 5では、5つの新しいMSEG(Multi-Segment Envelope Generator)が導入。自由にカーブを描くことができる。また、モジュレーターはミキサーなどトラックやプロジェクトレベルのパラメーターをコントロールしたり、ポップアウトウィンドウに拡張したりといったことが可能になった。

  • Segments……グローバルなタイムスケーリングとループモードを備えたエンベロープ
  • Curves……ビートタイムやグルーブに同期できるLFOモジュレーターとGridモジュール
  • Scrawl……The GridとPolymerのためのアンチエイリアス・オシレーター
  • Slopes……ステレオフェイズ・オプションを備えたThe Grid用のパターンシーケンサー
  • Transfer……The Gridに入力されたオーディオなどの信号を変換するウェーブシェイパー

 描いたカーブはBWCURVEファイルとして保存でき、別のMSEGで読み込むことが可能となっている。

進化したモジュレーションシステム

 モジュレーターからの変調は、デバイスに限定されず、ミキサーやプロジェクトコントロールも可能に。40種類以上のモジュレーターを駆使して、ミキサー全体を操作できるようになった。例えば1つのLFOでトラックのパンとセンドを同時に動かしたり、プロジェクトのテンポをモジュレートすることも可能となっている。

トリガーの自由度が増したクリップランチャー

 クリップランチャーでは、指を離したときにクリップが止まるようにしたり、前に再生していたものに戻ったりすることも可能に。また、通常とは別の挙動をするALTトリガーも設定可能となり、通常のトリガーでは小節単位でクオンタイズ、ALTでは即座に再生、といった異なる設定を同一のクリップやシーンに当てはめることができる。

刷新されたブラウザー

ブラウザー

 ブラウザーでは、プラグイン、プリセット、ウェーブテーブルなどの検索結果が、すべて1か所に集まるように。デバイス検索などの効率アップを図るデザインへの変更も行われている。

製品情報

関連記事