一部の環境において、会員限定記事の表示がうまくいかない場合が報告されています。その場合、まずはブラウザを最新にアップデートした上、WindowsではCtrl+Shift+R、Macではcommand+shift+Rでの再読み込みをお試しください。また、ほかのブラウザの利用もご検討いただけましたら幸いです。

Moogerfoogerがソフトで復活!MOOG MUSIC製プラグイン7種のバンドルがリリース

 MOOG MUSICから、プラグイン・エフェクト7種類をバンドルしたMoogerfoogerエフェクト・プラグイン(Moogerfooger Effects Plug-ins)がリリースされた。Mac/Windows、AAX/AU/VST対応。通常価格38,400円のところ、イントロセールとして40%オフの22,800円で販売されている(2023年1月23日まで)。

 オリジナルのMoogerfoogerは、1990年代後半から2000年代にかけてロバート・モーグとエンジニアチームが、MOOGモジュラー・シンセなどで培ったアイディアとノウハウを投入して生み出したペダルエフェクト・シリーズ。ギターやシンセはもちろん、ボーカルや生楽器、リズムマシンなどさまざまな音声を加工/変調できることで人気を得ていた。

 Moogerfoogerエフェクト・プラグインでは、オリジナルのアナログ回路が持つ豊かで特徴的な音色に敬意を払い、細心の注意を払ってリニューアル。ステレオ対応や機能面でのアップデートを果たした現代的な仕様となっている。

MF-101S Lowpass Filter

 オリジナルは1998年にリリース。MOOGを象徴するオールアナログ4ポール仕様のローパスフィルターに、エンベロープ・フォロワーを組み合わせ、ダイナミックな動きのあるフィルターサウンドを生み出すことが可能であった。またエクスプレッション・ペダルなどのCV入力でフィルターの“演奏”も可能だった。

 MF-101Sはこれを踏襲し、すべてのパラメーターのオートメーション操作やモジュレーションが可能となっている。

MF-102S Ring Modulator

 オリジナルのMF-102 Ring Modulatorは1998年に発売。リングモジュレーター、電圧制御キャリア・オシレーター、電圧制御のデュアル波形LFOによって、レトロと近未来感を両立した金属的なサウンドを生み出す。

 MF-102Sは、MF-101Sと同様にパラメーターが相互作用させることで、実機以上の音楽演奏体験を生み出すことが可能だ。

MF-103S 12-Stage Phaser

 実機は1999年にリリース。6段/12段の電圧制御フェイザーとLFOを備え、演奏するかのようなモジュレーションをフェイザーサウンドに加えることができる。

 ソフト版のMF-103Sも、その特徴を踏まえつつ、他のソフトと同様にパラメーターのオートメーションやモジュレーションが可能となっている。

MF-104S Analog Delay

 2000年にリリースされたオールアナログのディレイ。40〜800msのディレイをBBD (Bucket Brigade Device) で実現していた。後期バージョンでは、テンポ同期とマルチ波形LFOを介したモジュレーションが組み込まれた。

 MF-104Sはこの設計を保持し、すべてのパラメーターは演奏、操作、オートメーション、モジュレート可能となっている。

MF-105S MuRF

 オリジナルのMF-105M MIDI MuRF(Multiple Resonant Filter Array)は2004年にBog Moogによって設計。8バンドのレゾナントフィルターを、エンベロープやANIMATIONモジュールのパターンで動かして有機的なサウンド変化を生み出す独自のエフェクトであった。パターンの作成や切り替えのために、MIDIでの制御にも対応していた。

 MF-105Sはこうした機能をソフトの利点を生かして使いやすくまとめ、パターンの作成も画面上で行える。

MF-107S Freqbox

 実機は2007年リリース。入力信号で変調した内蔵VCOのサウンドを出力する、エフェクトというよりはシンセサイザーと呼ぶべきペダルで、入力音とエフェクト音をミックスして出力することができた。

 MF-107Sでもこれらの機能を踏襲。入力音とVCOのハードシンクやFM変調、エンベロープフォロワーによる制御が行える。

MF-108S Cluster Flux

 オリジナルハードウェアのMF-108Mは2011年にリリース。BBD(Bucket Brigade DeviceによるディレイとLFOを組み合わせ、コーラス/フランジャー効果をはじめ、MIDIコントロールと組み合わせて独自のサウンドを追求できた。

 MF-108Sはソフトの利点を生かして、パラメーターのコントロールやオートメーションが行いやすいように再設計されている。

日本限定特典のアーティストプリセットも提供

 Moogerfoogerエフェクト・プラグインは、国内ではメディア・インテグレーションが取り扱う(それ以外のMOOG MUSIC製品は従来通りコルグ/KIDの取扱い)。国内販売店での購入で、浅倉大介、AssH、鈴木Daichi秀行ほか、アーティスト制作のプリセットがもれなくプレゼントされる。

製品情報

関連記事