【お知らせ】6月20日の申込/更新分より、サンレコWebのサブスクリプション価格を改定いたします。詳細はこちらをご覧ください。また、6月17日までWeb+印刷版(年間)を約30%オフでご提供しています。

Maxサマースクール・イン・藝大2022、対面とオンラインで8月に開講。テーマは「MAXとジェスチャー」

 CYCLING '74 Maxについて学べる「Maxサマースクール・イン・藝大」が、今年も東京藝術大学千住キャンパスにて開講される。5年目となる今回のテーマは「Maxとジェスチャー」。講師にゴールド・スミス大学のアタウ・タナカ氏を迎え(オンラインで参加)、身体の動きとMaxを用いたパフォーマンスやサウンドの生成などのワークショップが行われる。

筋電センサーを用いてパフォーマンスを行なうアタウ・タナカ氏

 ワークショップは、超初級(Maxに初めて触れる人)、初級(チュートリアルの前半レベルの学習者)、中級(チュートリアル・レベル修了者)、上級の4つに分け、チュートリアルの形式で進められる。また、昨年同様コミュニケーション・ツールDiscordにて、チューターに個別に質問しながら復習や応用が学べる予定だ。

開催概要

  • 主催:東京藝術大学 Maxサマースクール実行委員会
  • 日時:2022年 8月1日(月)〜8月5日(金)10:00~18:00(初日1日は9:00集合)
  • 内容:8月1日 ~ 8月4日はワークショップ/8月5日はコンサート
  • 会場: 東京藝術大学千住キャンパス第7ホール、オンライン
  • 講師:アタウ・タナカ(ゴールドスミス大学)、後藤英(東京藝術大学)、磯部英彬(東京音楽大学)、由雄正恒(昭和音楽大学)
  • 持参用具 : Cycling’74 Max(デモ・バージョンでも可)がインストールされたコンピューター
  • 参加費:27,000円
  • 参加申込 http://maxsummer2022.geidai.ac.jp/application/
  • 申し込み期間:2022年5月17日(火)~ 6月19日(日)
  • 定員:75名

関連記事