REPORT

プロが信頼を置く英国のブランド ASTON MICROPHONES〜益田トッシュ

撮影:Hiroki Obara 第1回 益田トッシュが愛用する理由 ASTON MICROPHONES(以下ASTON)は、SE ELECTRONICSの共同経営者であったジェイムス・ヤング氏とフィル・スミス氏が2015年に創業したメーカー。コンデンサー・マイクを中心に手掛けており、“Built in …

【音響設備ファイルVol.30】マクセル アクアパーク品川

Text:iori matsumoto Photo:Takashi Yashima(except *) 2005年のオープン以来、品川の新名所として人気のマクセル アクアパーク品川。都市型水族館のパイオニアとして、水生生物の展示にとどまらず、音や光と組み合わせて季節や昼夜に合わせた演出を行…

【音響設備ファイルVol.29】ビルボードライブ東京

Text:iori matsumoto Photo:Takashi Yashima 東京を代表するライブ・レストランの一つ、ビルボードライブ東京が10周年を迎え、開業以来初めてとなるスピーカーの入れ替えを行った。新規導入されたのはJBL PROFESSIONALのフラッグシップ・モデルVTXシリーズ…

3名の著名エンジニアが“DPAマイク愛”を熱く語った! 「マイクロフォン・テクニック・セミナー」

Yuichiro Shiraishi 1992年に、デンマークのマイクロフォン・メーカーB&Kより、音楽用マイクの販売/サービスを展開する部門として独立したDPA MICROPHONES。B&K時代より製造している無指向性のコンデンサー・マイク4006、単一指向性の4011は、オーケストラ…

【音響設備ファイル Vol.26】映音空間 赤坂スタジオ

Text:iori matsumoto Photo:Takashi Yashima 近年、マンションに設けたスタジオが増えているが、その大多数はプライベート・スタジオや企業の自社スタジオ。つまり“使う人が限定される空間”だ。今回訪れた映音空間 赤坂スタジオは、もともと10畳ほどのワン…

ジェネレックジャパン設立レセプションで「The Ones」お披露目

パワード・モニター定番化の火付け役と言っていいであろう、フィンランドに本社を置くスピーカー・メーカー、GENELECの日本法人=ジェネレックジャパン(https://www.genelec.jp)が7月に誕生。その設立レセプションおよび新製品“The Ones”の発表会が8月18…

Pro Toolsユーザー・レポート⑥ Studio Tightrope

サウンド&レコーディング・マガジン編集部 撮影:八島崇 AVID Pro Toolsユーザーに、仕事で使う道具としてのPro Toolsについて語っていただくこの連載。今回は都内にある音楽レコーディング・スタジオ、Studio Tightropeに伺って話を聞いた。 最新リバーブ…

Pro Tools ユーザー・レポート⑤ JVCマスタリングセンター赤坂スタジオ

サウンド&レコーディング・マガジン編集部 撮影:八島崇 AVID Pro Toolsユーザーに、仕事で使う道具としてのPro Toolsについて語っていただくこの連載。今回はJVCケンウッド・クリエイティブメディアのJVCマスタリングセンター赤坂スタジオにお邪魔し、Pro …

Pro Tools ユーザー・レポート④ ジーアングル恵比寿スタジオ

サウンド&レコーディング・マガジン編集部 撮影:八島崇 AVID Pro Toolsユーザーに、仕事で使う道具としてのPro Toolsについて語っていただくこの連載。今回は東京・恵比寿にあるコンテンツの総合制作会社、ジーアングルを訪問した。同社ではナレーション/…

【音響設備ファイル Vol.21】ナガシマスパーランド

Text:Tsuji. Taichi/Photo:Noriaki Yasuda JR名古屋駅から車を走らせること約30分、三重県桑名市に位置するアミューズメント・パーク=ナガシマスパーランド。2014年には開業50周年を迎えたが進化は止まらず、“4Dスピン・コースター 嵐”(上の写真)など…

Pro Tools ユーザー・レポート③ Studio Luxe

サウンド&レコーディング・マガジン編集部 撮影:八島崇 AVID Pro Toolsユーザーを訪れ、仕事で使うツールとしての魅力を語っていただくこの連載。今回は東京・目白にあるStudio Luxeを訪れた。作編曲家・斎藤悠弥が率いるプロダクションSound Driveの拠点…

Pro Toolsユーザー・レポート② Studio ARM

サウンド&レコーディング・マガジン編集部 撮影:小原啓樹 AVID Pro Toolsユーザーを訪れ、仕事で使うツールとしての魅力を語っていただくこの連載。今回は東京・飯田橋のMAスタジオ、Studio ARMを訪問した。もともとサラウンドやプラネタリウムを得意とす…

【音響設備ファイル Vol.19】Zepp大阪ベイサイド

Text:Daisuke Kitaguchi Photo:Chika Suzuki さまざまなスペースの音響設備を紹介する本連載。今回は、Zeppの新店舗として2月にオープンしたZepp大阪ベイサイドをピックアップ。ユニバーサル・スタジオ・ジャパンと隣接するエリアに位置し、関西ではZepp…

Pro Toolsユーザー・レポート① LITTLE BiG MAN STUDIO

サウンド&レコーディング・マガジン編集部 撮影:八島崇 AVID Pro Toolsユーザーを訪れ、仕事で使うツールとしての魅力を語っていただく連載をサンレコWebサイトでスタートする。初回はthe GazettE、LUNKHEAD、The Super Ball、飯田里穂、田村直美など、さ…

【音響設備ファイル Vol.15】ガジェット通信フロア

Text:Yuichiro Shiraishi/Photo:Hiroki Obara ネット時代のカルチャーを広く発信しているニュース・サイト「ガジェット通信」。同サイトが2016年2月の東京・秋葉原への移転に伴い、ライブやセミナーなどコンテンツの配信に幅広く対応する「ガジェット通…

【音響設備ファイル Vol.13】festhalle

Text:Tsuji. Taichi Photo:Shunsuke Nakanishi(except *) さまざまなスペースの音響設備を紹介する本連載。今回訪れたスペースは、2016年3月にオープンしたライブ・ハウスfesthalle(フェストハレ/ドイツ語で“集い”の意)。讃岐うどんでも有名な香川…

【音響設備ファイル Vol.12】SPACE ODD/Sankeys TYO

Text:iori matsumoto/Photo:Hiroki Obara 昨年末、多くのクラブ・ミュージック・ラバーに惜しまれながらクローズした代官山AIRの跡地に、今年4月、新しいクラブSankeys TYOが誕生。日中〜夕方は同じスペースでライブ・ハウスSPACE ODDとしても営業をスタ…

世界的ヒット映画のサウンド・デザイン〜デイヴ・ホワイトヘッド氏インタビュー

11月開催のInterBEEで、AVIDは世界的サウンド・デザイナーのデイヴ・ホワイトヘッド氏をオーストラリアから招聘し、ブース内でセミナーを開催した。『ロード・オブ・ザ・リング』『ホビット』シリーズや『第9地区』『キング・コング』など大作を多数手掛け…

サウンドイン、青山に新スタジオを設立。アップコン・ソフトの開発も

麹町の老舗スタジオ、サウンドインが、スタジオ事業の多角化と複数拠点化をねらいとして、青山に“サウンドイン青山”をスタートさせた。 サウンドイン青山にはボーカル・ブースを備えたダビング/ミックス用のレコーディング・スタジオとマスタリング・スタジ…

担当副社長が語るAVID Pro Toolsの向かう未来

AVIDオーディオ担当副社長ティム・キャロル氏インタビュー 本誌では今年6月、AVID CEOルイス・ヘルナンデスJr.氏に単独インタビューを敢行し、Avid Everywhereというテーマの下、音楽クリエイターに向けて同社がどのようなサービスを提供していくのかという…

プロが公開!ライブ用エレクトロニクス構築法 〜 AA=によるアドリブ演奏に対応できるシーケンス・システム

Text:Ryosuke Sakai Photo:Tetsuro Sato(Equipment) 本誌、サウンド&レコーディング・マガジン2016年8月では、“プロが公開!ライブ用エレクトロニクス構築法”と題し、ライブパフォーマンスにおけるエレクトロニクス・システムについて、5組のアーティストを…

【音響設備ファイル Vol.6】東京カテドラル聖マリア大聖堂

Text:Tsuji. Taichi/Photo:Hiroki Obara(except*) さまざまなスペースの音響設備を紹介する本連載。今月は、東京カテドラル聖マリア大聖堂に訪れた。ここの設備は、JBL PROFESSIONALの新たな柱状(コラム型)スピーカー=Intellivoxが核となっている。…

Richie Hawtin(リッチー・ホウティン)が手掛けるフル・アナログのDJミキサー「Model 1」が日本で初公開!

市原 泰介(サウンド&レコーディング・マガジン編集部) 世界のトップDJであるリッチー・ホウティンと、ALLEN & HEATHのDJミキサーなどの開発を手掛けてきたアンディ・リグビー・ジョーンズが、新たに機材ブランド“PLAYdifferently”を立ち上げた。第1弾となる…

スウェーデンのプラグイン/ハードウェア・ブランドSOFTUBE新製品発表会レポート

市原 泰介(サウンド&レコーディング・マガジン編集部) エムアイセブンジャパンはプラグイン/ハードウェア・ブランドであるSOFTUBEのディストリビューションを開始した。それに合わせ、5月18日東京・赤坂m-Ex Loungeにてディーラー/プレス向けのSOFTUBE新…

【音響設備ファイル Vol.4】関西大学 ソシオ音響スタジオ

篠崎賢太郎 Photo:Shunsuke Nakanishi(except*) さまざまなスペースの音響設備を紹介する本連載。今月は関西大学 千里山キャンパス内に設立されたソシオ音響スタジオを訪れた。生徒のクリエイティブな才能を伸ばしたいという一心から、MADIネットワーク…

【音響設備ファイル Vol.1】名古屋クラブ クアトロ

Text:Tsuji. Taichi Photo:Noriaki Yasuda 昨今めまぐるしい進化を見せている業務用音響機器。本連載ではライブ・ハウスから各種ホールまで、さまざまなスペースの音響設備を紹介していく。第1回の今月は愛知県のライブ・ハウス、名古屋クラブ クアトロを…

「NAKEDケーブルの美学」〜原音忠実を追求するACOUSTIC REVIVEの新ブランド②

サウンド&レコーディング・マガジン編集部 H ZETT M(p)、H ZETT NIRE(b)、H ZETT KOU(ds)から成るピアノ・ジャズ・トリオ、H ZETTRIO(エイチ・ゼットリオ)。彼らが去る6月25日にミューザ川崎シンフォニーホールにてライブ・レコーディングを行った…

「NAKEDケーブルの美学」〜原音忠実を追求するACOUSTIC REVIVEの新ブランド①

サウンド&レコーディング・マガジン編集部 高品質オーディオ・アクセサリーで有名なACOUSTIC REVIVE。リスニングに重きを置く製品の多かった同ブランドが、満を持して音楽制作サイドに向けた新ブランド=NAKED BY ACOUSTIC REVIVE(以下NAKED)を立ち上げた…

国内プロによる PRESONUS Studio One 3 最速勉強会

既報の通り、最新バージョン3が5月21日にリリースされたPRESONUSのDAWソフト、Studio One。ユーザー・グループが主体となってこの最新バージョンに触れる会が行われた。 ユーザーのStudio Oneに関する情報交換を目的としたFacebookグループ“Studio Oneをも…