2014-03-26から1日間の記事一覧

グレッチより﨑山龍男(Spitz)のシグネイチャー・ドラム・スティックが新登場

GR-TS145はスタンダードなヒッコリー材を使用し、サイズは直径14.5mm、長さ410mm。多くのドラマーにフィットするポピュラーな形状のウッドチップで、本人のこだわりを反映した無塗装のナチュラル・フィニッシュが特徴だ。自ら描き起こしたデザインとグレッチ…

アッシュダウンより「ドクター・グリーン・ベース・ペダル」が登場

「Bearded Lady(ビアーデッド・レディー)」は、高音域と低音域の2つのファズ・コントロールを持つことで、より深いファズが楽しめる。軽やかで温かみのあるヴィンテージファズ・サウンドから激しいファズ・サウンドまで、幅広いサウンド・メイクが可能。 …

ハーモナイザーとディストーションを融合した「Pitch Bay」およびJAXファズペダル「Terminal」が新発売

Pitch Bay(ピッチベイ)は、個別に調整可能な2ヴォイスのポリフォニックピッチシフトを装備。2ヴォイスのうち片方は原音より高音域、もう片方は低音域の音色を出力する。それぞれ、原音に対して1セミノートから12セミノート(フルオクターヴ)までの範囲で…

ティム・ヤニックが主宰する注目のブランドより厳選8機種の国内販売がスタート

ティム・ヤニック・エレクトロニクスは、ヴィスコンシン州ワーソウに拠点を置くエフェクトペダルブランド。ティムは、ピーヴィー・カスタムショップ在籍時にMasterpiece 50を始めとする数々の傑作アンプを設計。また、Wampler、Rockette Pedalsなどのハンド…

マーシャル「DSLシリーズ」に、自宅練習に特化した最小ワッテージモデルが登場

「DSLシリーズ」の最小出力モデルであるDSL5Cは、真空管にパワー管12BH×1、プリ管にECC83×3を搭載している。クリーンからクランチサウンドまでを出力するクラシック・ゲイン・チャンネルと、過激な歪みを生み出すウルトラ・ゲイン・チャンネルの2チャンネル…