2004-02-01から1日間の記事一覧

表現力の豊かなダイナミクス系など多彩な音作りができるチャンネル・ストリップ

TRIDENT AUDIOS40 速水直樹(湾岸音響) 言わずと知れたイギリスのしにせTRIDENT AUDIOより、今回届いたのはS40。このところ名機S80のヘッド・アンプを2本組み込んだ復刻版や8チャンネル・ミキサーS100など、オイラのことを忘れちゃ困るぜ的な勢いで個性的…

切り替えモードで多様な素材に対応するビンテージ感満点の英国製コンプ

TFPROP8 谷田茂(ビクタースタジオ) あのJOEMEEKのエンジニアだったテッド・フレッチャーが新たに設立したブランドTFPROから、JOEMEEK SC2の進化型として登場したのがこのEdward The CompressorなるP8です。コンプの4つの切り替えモード(VCA、1176、LA2A…

新開発RP振動板を採用し宅録からプロ環境まで対応するモニター・ヘッドフォン

FOSTEXT40RP MKIIN 杉本建(シンクシンクインテグラル) 皆さんの基準モニターは何でしょうか? スピーカーですか? ヘッドフォンですか? モニター環境によって音が変わるから、何を信じていいのか分からない......なんて方もいらっしゃることでしょう。音…

【製品レビュー】カプセル交換で指向性切り替え可能な筒型コンデンサー・マイク

BEHRINGERB-5 大型ダイアフラムを採用した低価格なコンデンサー・マイクが多く出回っている中、本製品のようないわゆる筒型タイプはあまり見かけないと思います。実際、“ダイアフラムが大きい方が良い”という印象を持っている方も多いかもしれませんが、プロ…

大ヒット作NT2を凌駕するRODEコンデンサー・マイクの新世代標準機

RODENT2000 遠山勉 オーストラリアのプロ・オーディオ・メーカーRODEは、1990年にコンデンサー・マイクNT2をリリースして以降、この10年あまりで適確な高品質スタジオ機器を供給し続ける屈指のメーカーとしての地位を確立しました。特にNT2は、ラージ・ダイ…

多彩なエフェクトに加えオーディオI/O機能も備えたボーカル・プロセッサー

DIGITECHVX400 和久英明(eureka!) ペダル付きのボーカル・プロセッサーという、一風変わったスタンスで注目を集めたVocal300。その上位機種であるVX400がリリースされた。新たにマイク・モデリング機能とUSBオーディオ・インターフェース機能を装備し、さ…

映像と音を同時にスクラッチできるVJ/DJ待望のDVDプレーヤー

PIONEERDVJ-X1 浅沼拓歩(Numan a.k.a. GLAMOOVE) 近ごろのクリエイター周辺のテクノロジーの進歩は目覚ましく、数年前に思い描いてたことが次々と実現するさまには目を見張るものがある。サウンド・クリエイトのシーンではデジタル真っ盛りでサンプリング…