2000-04-01から1日間の記事一覧

ビンテージ・チップSID6581を利用したデジタル・シンセ

ELEKTRONSID Station H2(Dowser) SID6581チップと聞いて、"!"と思われる読者は相当なパソコン・マニアでしょう。SID(Sound Interface Device)6581チップとは、1983年にボブ・ヤヌス氏(ENSONIQの設立者)がCOMMODORE 64の内蔵音源用に開発した3ボイスの…

シンセサイザーの名機MSシリーズが現代版として復活

KORGMS2000R 佐藤清喜(microstar) MS-20をはじめとするKORG MSシリーズは、1978年の発売以来、リーズナブルな価格ながらパッチング・システムを内蔵した本格的なシンセとしてヒットし、現在の中古市場でもいまだ根強い人気を誇っています。その名機が何と…

ADコンバーターを備えた2chチューブ・ヘッド・アンプ

DBX386 宮原弘貴(DIGITAL MAGNET) DBXと言えば、皆さんもご存じのようにシグナル・プロセッサーのしにせですが、最近は特に"シルバー・シリーズ"の評価が高いようです。私がよく行く某アーティストのプライベート・スタジオにも、ヘッド・アンプ/イコライ…

デジタル入出力を備えた高音質のチューブ・コンプレッサー

MINDPRINTT-Comp 寺山紀幸(シンクシンクインテグラル) デジタル技術の発達により、自宅録音でもスタジオ録音に劣らないサウンドが作れるようになりました。しかし、テープやハード・ディスクに録音する手前では、必ずと言ってよいほどヘッド・アンプやコン…

ディレイの絶対回数を指定できるマルチタップ・ディレイ

T.C. ELECTRONICD.Two 鎌田岳彦 T.C. ELECTRONICから1Uサイズのデジタル・エフェクターが続々とリリースされていますが、コンシューマー用途も意識した低価格モデルM・OneとD・Twoの2機種が話題を呼んでいます。ここでは、ディレイ専用機であるD・Twoを取…

8trダイレクト録音が可能な超低価格の8chデジタル・ミキサー

FOSTEXVM88 原口宏(スパーブ) FOSTEXから小型で低価格な8chデジタル・ミキサーが新たに発売された。パンフレットではライブ向けとうたわれているようだが、外録や自宅録音にも重宝しそうな仕上がりだ。 ADATオプティカルI/O端子を標準で装備 最初に主な仕…

自由なオーディオ処理が革新的な新世代のサンプラー

ROLANDVP-9000 松前公高 VP-9000の出現は、2000年代最初の大ニュースである。サンプリングというものの歴史を将来から振り返ってみたときに、2000年は大きな変化の年として語られているだろう。実は今までにも数多くのサンプラーは存在したし、サンプラーは…

ステレオ・チューブ仕様の3バンド・オプティカル・プロセッサー

TUBE-TECHSMC 2A 三好敏彦(HAL STUDIO) ブルーのパネルが印象的なTUBE-TECH製品は、今やどこのスタジオに行っても必ず見ることができます。私がTUBE-TECH製品を知ったのは確か14年くらい前で、当初はPULTEC社のチューブ・イコライザーのフル・コピー・モデ…